中田有紀(早稲田大学ア式蹴球部女子/愛媛県松山市出身)第2回「際立っていた“さどい”動き」

 早稲田大学ア式蹴球部女子(早大女子サッカー部)の左サイドバック・中田有紀は愛媛県松山市で生まれ育った。取材をした際、彼女は非常に落ち着いていた。しっかりとした若者という印象を受けた。   <2020年1月の原 […]

FC東京の松木、「移籍の可能性がある」ため選外 OA枠はゼロ~パリ五輪サッカー日本代表~

 日本サッカー協会は3日、パリ五輪に出場するU-23日本代表18名とバックアップメンバー4名を発表した。GK小久保玲央ブライアン(ベンフィカ)、MF山本理仁、MF藤田譲瑠チマ(以上シントトロイデン)、FW荒木遼太郎(FC […]

中田有紀(早稲田大学ア式蹴球部女子/愛媛県松山市出身)第1回「ア女不動の左サイドバック」

 早稲田大学ア式蹴球部女子(早大女子サッカー部の名称)は、全日本大学女子サッカー選手権大会を6度、関東大学女子サッカーリーグを6度制し、関東女子サッカーリーグにおいては11連覇中の強豪校だ。チーム不動の左サイドバックが愛 […]

目先の勝利より地道な育成 東南アジアの未来は明るい

 さぞや大変な騒ぎになっていたのだろうと推察する。W杯アジア2次予選のA組。グループ2位で最終戦を迎えたインドは、勝てば文句なしに最終予選進出が決まる。相手は首位のカタール。しかも敵地。楽観できる状況ではもちろんなかった […]

第5回 「明治安田、2年連続8回目の本大会出場決定」~都市対抗野球東京都第2代表決定戦~

「ひとに健康を、まちに元気を。」をコンセプトに、様々な社会貢献活動を展開している明治安田とのタイアップ企画です。当コーナーでは、明治安田関連の活動レポートをお届け致します。    貴重な先制2ラン   […]

20年ぶり広島でのAマッチ、日本勝利~26年W杯アジア2次予選~

 サッカーワールドカップ2026年大会アジア2次予選第6節、日本代表対シリア代表戦が11日、エディオンピースウイング広島で行なわれ、日本が5対0で勝利した。試合は前半13分、FW上田綺世(フェイエノールト)の得点で日本が […]

氷艶hyoen2024-十字星のキセキ-がスタート!〜銀河鉄道の夜と照らし合わせて〜

 氷艶hyoen2024-十字星のキセキ-が8日、神奈川県内の横浜アリーナで開幕した。出演するのは、高橋大輔と村元哉中の“かなだい”、荒川静香、友野一希、島田高志郎らのスケーターと、大野拓朗、エハラマサヒロ、長谷川開、エ […]

森保監督、攻撃的3バックをテスト ~26年W杯アジア2次予選~

 サッカーワールドカップ2026年大会アジア2次予選第5節、ミャンマー代表対日本代表の一戦がミャンマー・ヤンゴンで行われ、日本が4対0で勝利した。試合は前半17分にMF中村敬斗(ランス)の得点で日本が先制。34分にはMF […]

羽生結弦、西川貴教とガンダム挿入歌で“コラボ” ~ファンタジー・オン・アイス2024幕張公演~

 フィギュアスケート・アイスショーの「ファンタジー・オン・アイス2024」幕張公演が24日、千葉市の幕張メッセで開幕した。プロフィギュアスケーター・羽生結弦らが登場し、観客を魅了した。公演は前半、後半の2部制で行われた。 […]

第24回 「腸皮膚相関を実感」

 近年、健康な腸内環境をつくるための「腸活」が注目されています。当サイトでは2022年6月から「腸活」をテーマとしたコーナーをスタートさせました。2023年6月より、本コーナーをリニューアルし、当サイト編集長の二宮清純が […]

愛媛2連勝、首位徳島に3.5ゲーム差 ~四国アイランドリーグplus~

◇前期5月3日(金・祝)  愛媛、3安打で効率よく2得点(愛媛2勝 筑後 657人)愛媛マンダリンパイレーツ2=000|110|0001=001|000|000福岡ソフトバンクホークス3軍勝利投手 廣澤優(2勝 […]

第23回 「花粉症と腸内環境の関係」

 近年、健康な腸内環境をつくるための「腸活」が注目されています。当サイトでは2022年6月から「腸活」をテーマとしたコーナーをスタートさせました。2023年6月より、本コーナーをリニューアルし、当サイト編集長の二宮清純が […]

日本、パリ五輪出場決定 ~サッカー・パリ五輪男子アジア最終予選~

 サッカー・パリ五輪アジア最終予選を兼ねるAFC U-23アジアカップ・準決勝の日本代表対イラク代表の一戦が30日(日本時間)、カタール・ドーハで行なわれ、日本が2対0で勝利した。この結果、日本は今夏に行われるパリ五輪の […]

日本、韓国に敗れ2位で決勝Tへ ~サッカー・パリ五輪男子アジア最終予選~

  サッカー・パリ五輪アジア最終予選を兼ねるAFC U-23アジアカップ・グループBの日本代表対韓国代表の一戦が22日、カタール・ドーハで行なわれ、日本が0対1で敗れた。この結果、日本はグループB2位となり、25日にノッ […]

名木利幸(日本サッカー協会プロフェッショナルレフェリー/高知県安芸市出身)最終回「正しい判定で勝利すべきチームが勝った」

 名木利幸は複雑なサッカーのルールや仕組みを歯切れの良い言葉に冗談を織り交ぜて説明するのがうまい。副審としての経験と知識、そして彼の人柄がそうさせるのだろう。そんな名木に、科学の力で誤審を防ごうとする近年の傾向について訊 […]

第22回 「目覚めの良さ」

 近年、健康な腸内環境をつくるための「腸活」が注目されています。当サイトでは2022年6月から「腸活」をテーマとしたコーナーをスタートさせました。2023年6月より、本コーナーをリニューアルし、当サイト編集長の二宮清純が […]

名木利幸(日本サッカー協会プロフェッショナルレフェリー/高知県安芸市出身)第3回「J1、J2、J3の違い」

 名木利幸はこれまで、J1で309、J2で113、J3で3試合、計425試合を副審として見てきた(2017年2月6日現在)。「Jリーグのカテゴリーごとに、DFラインの上げ方、陣形をコンパクトに保つ方法が若干異なるんです」 […]

Back to TOP TOP