ページのトップへ

Tag archives for 近藤隆夫 - Page 13

近藤隆夫「INSIDE格闘技」

第104回 秋山成勲の「吉田秀彦と闘いたい」発言に思う。

 一体、何を言っているのか? 9月23日、さいたまスーパーアリーナで自分の耳を疑った。 秋山成勲の言葉である。『DREAM6』の第9試合でカラテ家の外岡真徳(正道会館)に勝利した直後、リング上で彼は言
続きを読む
近藤隆夫「INSIDE格闘技」

第103回 ヘビー級戦線……ミルコは生き残れるのか?

 プロボクシングには、ミニマム(47.62キロ以下)級からヘビー級(90.72キロ以上、無制限)まで17の階級がある。WBA、WBC等の団体が各階級の世界王者を定めているのだが、その中でも「世界ヘビー
続きを読む
近藤隆夫「INSIDE格闘技」

第102回 大阪城ホールに吹いた風の正体 〜7.21『DREAM5』を観た後に〜

「今回、私は不運に見舞われました。でも、自分の代わりに誰かに(決勝戦に)出てもらうとしたらヨアキム(・ハンセン)しかいないと思います」 リング上でエディ・アルバレスが、そう話すと、場内がドッと沸いた。
続きを読む
近藤隆夫「INSIDE格闘技」

第101回 7.21大阪城ホール『DREAM5』に飛躍の予感

 清々しい光景だった。 6月15日、横浜アリーナ。第4試合終了後、休憩明けのリング上で『DREAMライト(70キロ以下)級グランプリ・トーナメント』準決勝戦の公開抽選が行われた。この日の第1試合で永田
続きを読む
近藤隆夫「INSIDE格闘技」

第100回 『DREAM3』に生じた『PRIDE』の熱。

「いやぁ、良かったですねぇ、今日の試合。久しぶりに興奮しました。まるで、『PRIDE』を観ているような気分でしたよ」 さいたまスーパーアリーナを出て駅に向かって歩いていた時、格闘技観戦をライフワークに
続きを読む

第99回 感じられなかった「特別な雰囲気」 〜4.29『DREAM.2・ミドル級GP』を観て思ったこと〜

「2回戦に進出した皆さん、おめでとうございます。僕は関係ないんで」 極真カラテの世界王者アンドリュース・ナカハラを破って1回戦を突破した直後のリング上で桜庭和志は、そう喋っていた。4月29日、さいたま
続きを読む

第98回 『戦極』、『DREAM』に期待することとは…

 3月に開かれた2つの格闘技イベント――3・5代々木『戦極』と3・15さいたま『DREAM1』を観て久しぶりに熱い気持ちになれた。今年は毎月、格闘技のビッグイベントが開催されることになりそうで嬉しい。
続きを読む

第97回 『戦極』旗揚げ戦を観て……

 代々木第一体育館での取材を終えての帰り路、原宿駅へ向かうつもりが気がつくと渋谷駅へと歩いていた。ショックを受けてボーッとしていた。 3月5日『戦極』旗揚げ大会のメインエベント、吉田秀彦のタップシーン
続きを読む

第96回 三崎×秋山戦が「ノーコンテスト」に…… 納得できない!

 大晦日の格闘技シーンを大いに盛り上げた三崎和雄×秋山成勲戦の公式結果が覆った。「1ラウンド8分12秒、三崎のKO勝利」が、「ノーコンテスト」へと。釈然としない。 まず、三崎の蹴撃は果たして秋山が4点
続きを読む

第95回 三崎の蹴撃は反則なのか? 〜「やれんのか!大晦日!2007」考察〜

 秋山成勲をマットに沈めた三崎和雄の右の蹴りが反則だったのではないか、とFEGの谷川貞治氏が口にし、そのことがスポーツ紙でも報じられた。三崎が蹴った時点で、秋山は4点ポジションにあった……そこを蹴撃し
続きを読む