野球殿堂に三原脩、水原茂、中西太ら9人も輩出している香川県は、「野球王国」と呼ばれたほど野球が盛んだ。多くの子どもたちがプロ野球選手を目指した。香川県大川郡志度町(現さぬき市)で生まれた松永昂大は、その例に漏れず、野球を始めてプロにまでなった。だが彼が「野球は嫌いじゃないけど、のめり込んだほどではない」と言うように根っからの“野球少年”ではなかった。

 

愛媛新聞社

 

 

 

 

 幼少期の松永は、母・千春によれば「性格は人見知りですが、外で遊ぶ活発な子でした」という。

「同級生より年上の子たちとよく遊んでいましたね。身体を動かすことが本当に好きで、知らない人に『お宅の子元気ですね』と言われるほどでした。それに優しい子なんです。小さい時から私のことも思いやってくれる。テレビの画面に嫌な映像が映れば、画面を隠してくれました」

 

 運動会ではリレーの選手を務めるなど運動神経は良かった。小学1、2年生まで2歳上の姉と同じバレーボールチームに入り、年上の子に交じってプレーしていた。両親ともに学生時代にバレー経験があり、素地もあったのだろう。小学4年生以下の部で県大会出場を果たすほどだった。

 

 そんな松永が野球を始めたのは小学3年時である。3年になるとサッカーか野球のクラブチームに入れるからだ。とはいえ、本人が「昔は野球を“やらされている感”があった」と口にするほど積極的に野球を選んだわけではなかった。少年野球チーム『志度源内』は監督・コーチは選手の父兄が務めており、身近な存在だと言えた。それもあって母・千春は息子に野球を勧めたのである。

 

 母・千春の述懐――。

「甲子園というものが有名だったので、野球にしてみたんです。私は遊び感覚で入れました。だからこんなに長続きするとは全然思っていませんでした。プロ野球選手はヨソの子がなるもんだと思っていましたから……」

 

 中高大進学の選択

 

 松永は小学校卒業後、地元・志度中の野球部に入った。実は、この選択も能動的ではない。「『ルールが分かっているんだから、このままでいいでしょ』と。息子は渋々受け入れているようでした」と、母・千春は笑う。しかし母の導きがなければ、プロ野球選手・松永昂大は誕生していなかったかもしれない。野球に明け暮れた松永は3年時には主戦ピッチャーとなり、県大会制覇を経験した。松永は準決勝、決勝は同日に行われたため、決勝のマウンドにこそ立たなかったが、チームの優勝に貢献したのだった。

 

 高校は推薦入試で香川県の名門・高松商業に入学した。野球部は春2回、夏2回と甲子園優勝経験のある古豪だ。この進路も自ら進んで歩んだ道ではないという。それでも自宅から電車で1時間かけて通い続けた。家には寝に帰るような生活。松永は「練習時間も長かった。家に帰ったら日付が変わっている。そんなことが当たり前で大変でした」と振り返る。

 

「自分よりすごい子ばかりで、ビックリしたようですね。練習初日につらそうな顔をして帰ってきたことを覚えています」(母・千春)

 だが松永は腐ることなく、日々の練習に励んだ。「のめり込むほどではなかった」とはいえ、途中で投げ出すこともなかった。野球漬けの生活は続いた。

 

 松永は1年時にBチームに入り、すぐに実戦で出場機会を得られるようになった。2年時の春にはAチームに昇格。その年の秋からエースとして県大会準優勝、四国大会ベスト8に貢献した。3年時は春の県大会で準優勝。しかし夏の全国高校野球選手権大会県予選では3回戦敗退に終わった。高校生活でも全国の舞台を踏むことはできなかった。

 

 大学で野球から離れることも考えたが、阪神大学リーグの強豪・関西国際大学に進むことになった。やはり松永の進む道には野球が付いて回った。野球が彼を離さなかったと言うべきなのかもしれない。関西国際大では松永が「恩師」と呼ぶ人に出会う。「そこで初めて野球を習った」。そして受動的だった松永の野球人生は、ここから能動的へと変わっていくのだった。

 

(第3回につづく)

>>第1回はこちら

 

松永昂大(まつなが・たかひろ)プロフィール>

1988年4月16日、香川県大川郡志度町(現さぬき市)生まれ。小学3年で野球を始める。志度中、高松商業高校を経て、2007年に関西国際大学に入学。関西国際大では3年時より主戦となり、阪神大学リーグ春秋連覇に貢献。4年秋にも優勝を果たすなどリーグ通算23勝(3敗)を挙げる活躍を見せた。大阪ガスでは入社1年目から公式戦登板。2年目にはパナソニックの補強選手として都市対抗に出場、8強入りに貢献した。13年、千葉ロッテにドラフト1位で入団。1年目から主に中継ぎとして、58試合に登板し、4勝1敗1セーブ28ホールドで防御率2.11と活躍した。スリークォーターから投げる鋭く曲がるスライダーが武器。2年目以降も毎年40試合以上に登板し、ロッテのブルペンを支えている。NPB通算成績は308試合に登板し、14勝12敗1セーブ107ホールド、防御率は2.98。身長175cm、体重82kg。左投げ左打ち。背番号28。

 

(文・写真/杉浦泰介)

 

愛媛新聞社


◎バックナンバーはこちらから