「難しいですね。恩師……恩師です」

 東京医療保健大学4年の藤本愛妃が、同大女子バスケットボール部の恩塚亨ヘッドコーチ(HC)について言葉を詰まらせたのには理由がある。恩義はある。だが「恩師」との表現が彼女にしっくりこないのは、その関係性に依るのだろう。

 

愛媛新聞社

 

 

 

 

「“お互いに成長していこう”というタイプの方です。めちゃくちゃ厳しいですけど、私たちが成長するために何でもしてくれる。人間的な部分でも成長できるように教えてくださるし、そのためにはどうすべきかを常に考えてくれる」と藤本は言う。“上から目線”ではなく“横から目線”の指導法。そんな指導者が、彼女を東京医療保健大に熱心に誘ったのだった。

 

 桜花学園高校3年時の藤本は、関東の強豪大学への進学がまとまりかけていた。そこに待ったをかけたのが、恩塚HCだったのだ。既に桜花学園OGが東京医療保健大に進学しており、恩塚HCは桜花学園に来て指導することもあった。だから藤本のことは1年時から知っていた。

 

 現在は日本代表のアシスタントコーチも務める恩塚HCは彼女にどんな印象を持っていたのか。

「サイズを含め、フィジカル能力が高い。さらにはアスレティック能力も高かった。もっと力はあると思っていました。だから彼女の可能性を最大限伸ばしたいという気持ちが一番強くありました」

 

 藤本の資質を高く買っていた恩塚HCはアプローチを続けたという。

「(他の大学から)声はかかっているという話は聞いていましたが、決まりかけていたほどとは知らなかったんです。だから完全に断られるまでは自分の考えを伝えるようにしていました」

 

 まず、その熱意に打たれたのは父・俊彦だった。元々、大学進学よりも実業団入りを望んでいた父だが、恩塚HCからの電話を受けて、思いは一変した。

「僕はピンときました。恩塚さんは“僕が選手だったら東京医療保健大に行く”と、思わせる人だったんです」

 

 恩塚HCの熱意は父を説き伏せ、本人の心をも動かした。

「特別な言葉はありませんでしたが、恩塚さんの情熱ですね。会うたびに『一緒にやらないか』と声を掛けていただいていたんです。その気持ちの強さに“恩塚さんと一緒ならば成長できる”と思い、進路を変える決意をしました」

 

「チャンスを見つける」

 

「“必ず大学で結果を残す”というつもりで入りました」と藤本。高校ではレギュラーの座を掴みかけながら、卒業まで手にすることができなかった。大学での飛躍を誓い、愛知県から東京へと身を移した。

 

 入寮翌日、体育館でのボールを使う練習の前に、屋外でのランニング・トレーニングを課せられた。2.4kmを10分以内で走るメニュー。2分のインターバルを入れて計4本だ。しかも先頭がゴールしてからの2分である。遅れたら遅れた分だけインターバルは短くなる。

「最初からとてもキツい練習でビビッたことを覚えています。この先、ついていけるか不安でした」

 

 厳しいトレーニングに不安を覚えた藤本だが、「バスケットの練習に関しては思っていたよりも通用した部分がありました。緊張もなくノビノビやらせていただきました」と手応えも掴んでいる。厳しい中にも楽しさがあった。何より彼女自身が上手くなることに貪欲だった。

 

 恩塚HCは「思っていた以上にフィジカル能力が高かった。さらには理解力があり、バスケIQも高かった。“伸びしろがある”と感じましたね」と入学したばかりの藤本のことを振り返る。“もっと上手くなりたい”という藤本の思いと、“もっと上手くなってほしい”との恩塚HCの思いは一致した。

 

「ある日のミーティングで恩塚さんが『見ようとするものしか見えない』とおっしゃったんです。点を決めるにしても、常にチャンスを狙っている選手にしかチャンスはモノにできない。それは私が試合に出ている時に無意識で考えていたことです。だから話を聞いた時にスーッと胸に入ってきたんです。そこからプレー中も意識するようになり、さらにチャンスを見つけるようになりました」(藤本)

 

 チャンスに飢えていたとも言えるかもしれない。東京医療保健大での彼女は、高校時代の鬱憤を晴らすかのような活躍をする。同大は全日本大学選手権大会(インカレ)で快進撃。白鴎大学に敗れ、準優勝だったものの創部初のインカレ決勝進出を果たした。藤本は準決勝、決勝で2桁得点。その得点力の高さを発揮した。

 

 充実のシーズン

 

 2017年の夏にはユニバーシアード競技大会の日本代表入りが決まった。“学生のオリンピック”と称される大会は、開催年の1月1日現在で17歳以上28歳未満の大学生(大学院生を含む)が出場資格を持つ。加えて、大会の前年に大学、大学院を卒業した者であればプロでも出場可能だ。プロも交じる中でのメンバー入りに不安も覚えたが、ユニバーシアードの代表入りは入学前から掲げていた目標のひとつだった。

 

「恩塚さんに『ユニバを一緒に目指さないか』と言われた時、最初はUSJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)しか頭に浮かびませんでした。でも言われていくうちに、明確な目標に変わったんです」

 代表選出の報せは、恩塚HCから伝えられた。

 

 恩塚HCもその時のことは強く印象に残っているという。

「2017年ユニバーシアード代表に初めて選出された時、喜びを分かち合えたことは良かった。ひとつの目標をクリアできたわけですから。彼女も感極まっていました」

 

 台湾の台北で行なわれた大会には、現日本代表にも選ばれているガードの藤岡麻菜美(JX-ENEOSサンフラワーズ)らとプレーした。代表予備軍とも言えるメンバーの中でチーム最年少の藤本は全6試合に出場。50年ぶりの準優勝に貢献してみせた。

 

「決勝では負けましたが、自分の持ち味も出せました。個人としては、うれしかった思いの強い大会でした」と藤本。秋のインカレでは準決勝で白鴎大に前年の雪辱を果たす。藤本は81-71の勝利にチーム最多タイの16得点というかたちで貢献する。決勝でも2桁得点(10)、2桁リバウンド(11)のダブルダブルの活躍。96-72で拓殖大学を破り、初のインカレ制覇に導いた。

 

 この年は関東大学リーグ戦との2冠を達成。充実のシーズンを終えた彼女に再び試練が待っていた――。

 

(最終回につづく)

>>第1回はこちら

>>第2回はこちら

>>第3回はこちら

 

藤本愛妃(ふじもと・あき)プロフィール>

1998年2月11日、徳島県徳島市生まれ。小学3年でバスケットボールを始め、6年時には全国大会で3位に入る。小松島中学3年時には全国中学校体育大会に出場した。名門・桜花学園高校進学後、数々の全国大会優勝を経験。東京医療保健大学進学後は1年時から主力としてプレーする。2年時に関東大学リーグ戦と全日本大学選手権大会(インカレ)の2冠達成に貢献した。同年夏にはユニバーシアード競技大会の日本代表に選ばれ、50年ぶりの銀メダルを獲得した。3年時はケガに苦しみながらもインカレ2連覇に導く活躍を見せた。身長182cm。

 

(文・プロフィール写真/杉浦泰介、写真提供/東京医療保健大学)

 

愛媛新聞社


◎バックナンバーはこちらから