第76回びわ湖毎日マラソンが滋賀・皇子山陸上競技場を発着点の42.195kmで行われ、鈴木健吾(富士通)が2時間4分56秒の日本新記録で優勝した。東京オリンピック代表の大迫傑(ナイキ)が持つ日本記録の2時間5分29秒を33秒更新。 びわ湖毎日マラソンは来年から大阪マラソンに統合されるため、最後のびわ湖開催となった今大会で2時間4分台の好記録が生まれた。

 

■関連記事
FORZA SHIKOKU 2016年12月掲載
>>第1回「復活のキーマンはタフで真面目なエース」
>>第2回「父が繋いだ陸上との縁」

>>第3回「強くなるために選んだ箱根路」
>>最終回「殻を破り始めた大器」