ページのトップへ

近藤隆夫「INSIDE格闘技」

第112回 石井慧の総合デビュー戦の相手は?

 6月4日夕刻、新宿ステーションスクエア(新宿アルタ前広場)で多くのファン、報道陣が見守る中、石井は『戦極』に参戦する旨の契約書にサインをした。これで正式に石井の総合格闘家としてのデビューの舞台は『戦
続きを読む
近藤隆夫「INSIDE格闘技」

第111回 カンセコ参戦……その裏側にある狙い 〜5・26横浜アリーナ『DREAM9』展望〜

 ホセ・カンセコ……懐かしさを感じる名前であり、同時にメジャーリーグ好きなら誰もが知っているビッグネームだ。白、黄、緑を基調としたオークランド・アスレチックスのユニフォームが、よく似合っていた。改めて
続きを読む
近藤隆夫「INSIDE格闘技」

第110回 『DREAM無差別級グランプリ』への期待

「やっぱりヘビー級の試合が観たいですよ。軽量級の試合には、ヘビー級を上回るスピードとテクニックがあるとか言われても、どうしても迫力が伝わってこないんです。また『PRIDE』の時のようにド迫力のヘビー級
続きを読む
近藤隆夫「INSIDE格闘技」

第109回 『DREAM』『戦極』フェザー級GPへの深き期待

『DREAM』『戦極』両イベントで各々のフェザー級グランプリがスタートする。総合格闘技の主役はヘビー級、時に桜庭和志らが盛り上げたミドル級だったわけだが、果たして軽量級ファイトがファンを、どこまで熱く
続きを読む
近藤隆夫「INSIDE格闘技」

第108回 エリオ・グレイシーが伝えたかったこと

 歯科医院で親不知を抜き、顎に手を触れながら帰宅しようと歩いていると携帯電話が鳴った。並ぶ桁数が普段よりも多い着信表示。その国際電話でエリオ・グレイシーが他界したことを知った。リオ・デ・ジャネイロ近く
続きを読む
近藤隆夫「INSIDE格闘技」

第107回 K-1選手のリベンジは総合格闘技のリングで! 〜12・31『Dynamite!!』を観終えて〜

 昨年大晦日のさいたまスーパーアリーナは熱気に包まれていた。まさかの結果の連続にファンの興奮が収まらない。だが私は、武田幸三、バダ・ハリ、武蔵は、いま何を思うのか、と心配してしまった。会場に集まってい
続きを読む
近藤隆夫「INSIDE格闘技」

第106回 総合格闘家・石井慧に求められるテーマ

「石井が総合格闘技へ行ったら、どれくらい強いんですか。ミルコには勝てますよね。ヒョードルといい勝負ですか? なにしろ柔道で金メダルを獲ったばかりの選手ですからね」 最近、そんな風によく話しかけられる。
続きを読む
近藤隆夫「INSIDE格闘技」

第105回 石井慧の現在、これから……

「もったいないですよ。だって、まだ何年もトップクラスで柔道がやれるじゃないですか。21歳でしょ、総合格闘技へ行くのは、ロンドン五輪の後でもいいでしょ。もったいない……」 高校の柔道部時代からの付き合い
続きを読む
近藤隆夫「INSIDE格闘技」

第104回 秋山成勲の「吉田秀彦と闘いたい」発言に思う。

 一体、何を言っているのか? 9月23日、さいたまスーパーアリーナで自分の耳を疑った。 秋山成勲の言葉である。『DREAM6』の第9試合でカラテ家の外岡真徳(正道会館)に勝利した直後、リング上で彼は言
続きを読む
近藤隆夫「INSIDE格闘技」

第103回 ヘビー級戦線……ミルコは生き残れるのか?

 プロボクシングには、ミニマム(47.62キロ以下)級からヘビー級(90.72キロ以上、無制限)まで17の階級がある。WBA、WBC等の団体が各階級の世界王者を定めているのだが、その中でも「世界ヘビー
続きを読む