ページのトップへ

二宮清純「スポーツのツボ」 - Page 12

二宮清純「スポーツのツボ」

第24回 「諦めない」それがミラクルの条件(佐藤寿人)

 残り2試合で、首位・横浜F・マリノスとの勝ち点は5差。横浜はひとつでも勝てば優勝だったのに対し、3位・広島は負けはもちろん、引き分けすらひとつも許されないという過酷な状況。これを引っくり返しての優勝
続きを読む
二宮清純「スポーツのツボ」

第23回 東京五輪、野球・ソフト復活の可能性

「あれぐらい、はっきり言うと皆、期待しちゃうよね。逆に少々、心配になりましたよ。IOCの会長が、あそこまではっきり言っちゃって大丈夫なのかなって……」 言葉の主は福岡ソフトバンクの王貞治球団会長。続け
続きを読む
二宮清純「スポーツのツボ」

第22回 2019年W杯「ベスト8」への布石(福岡堅樹)

 2020年東京オリンピック・パラリンピックに関する洪水のごとき報道に埋もれている観はあるが、前年の19年に日本ではラグビーW杯が開催される。ラグビーの盛んな欧州と南半球の地域以外では、初めてのW杯開
続きを読む
二宮清純「スポーツのツボ」

第21回 日本代表にいないのが惜しい(中村俊輔)

 名人は、ちょっとしたGKの動きも見逃さなかった。「最初はファーサイドにフワッとしたボールを蹴ろうと思っていた。ところが助走の瞬間、GKが半歩前に出てきたので、思いっきり強いシュートを(ニアサイドに)
続きを読む
二宮清純「スポーツのツボ」

第20回 黒衣として狙うもう一つの「3冠王」(落合博満)

 2004年から11年までの8年間、中日の監督として4度のリーグ優勝と1度の日本一を達成した落合博満が球団初のゼネラル・マネジャー(GM)に就任した。 来季からプレーイングマネジャーとしてチームの指揮
続きを読む
二宮清純「スポーツのツボ」

第19回 燃えるサービス魂の「7年後」は?(アニマル浜口)

 今では元プロレスラーと紹介するより、女子レスリングのアテネ、北京五輪銅メダリスト・浜口京子の父親と紹介した方が通りがよいだろう。 2020年夏季オリンピック・パラリンピック開催都市が東京に決まった際
続きを読む
二宮清純「スポーツのツボ」

第18回 競技者として、そして語り部として(佐藤真海)

「私がここにいるのは、スポーツによって救われたからです。スポーツは私に人生で大切な価値を教えてくれました」 さる9月7日、アルゼンチン・ブエノスアイレスで行なわれた2020年夏季オリンピック・パラリン
続きを読む
二宮清純「スポーツのツボ」

第17回 山もあり谷もある「伝説」への道(星野仙一)

 球団創設9年目。東北楽天の初優勝が見えてきた。 マジックナンバーは点いたり消えたりの状態だが、9月9日現在、2位・千葉ロッテに6ゲーム差の首位。8月22日には三木谷浩史オーナーが星野仙一監督に続投を
続きを読む
二宮清純「スポーツのツボ」

第16回 ジャパンの未来を牽引する自負(大久保直弥・サントリーサンゴリアス監督)

 サントリーサンゴリアスは、現在、日本最強のラグビーチームである。 昨季は17戦全勝でトップリーグ、日本選手権の2冠を2年連続で達成した。全勝での2冠は2003年のトップリーグ発足以降、初の快挙だった
続きを読む
二宮清純「スポーツのツボ」

第15回 馬場イズムを次世代へつなぐ熱き使命(小橋建太)

 今年5月に引退した元プロレスラーの小橋建太が早くも復活した。しかもダンサーとして! なんと人気アイドルグループAKB48の新曲ミュージックビデオで、リングをバックにダンスを踊っているのだ。 出演のき
続きを読む