ページのトップへ

二宮清純オピニオン - Page 3

二宮清純「唯我独論」

第852回 回すことに意味がある 日本のパスは稟議書!?

 斜に構えた視線からの風刺の効いた社会批評が人気を集めた。コラムニストの名前はヤン・デンマン。SPIなる謎の通信社のオランダ人特派員という触れ込みで、週刊新潮で長きにわたり外国人特派員の雑談という体裁
続きを読む
二宮清純「スポーツのツボ」

第131回 代表チーム救った飲みニケーション

「会長にしても西野さんにしても、“ハリル、問題があるぞ”と、なぜ一度として言ってくれなかったのか。一度として言われたことはなかった」 解任されたサッカー日本代表前監督ヴァイッド・ハリルホジッチの“捨て
続きを読む
二宮清純「唯我独論」

第851回 スポーツ界“炎上隊長”生む背景

<年齢で物事判断する人はサッカー知らない人。>。ロシアW杯に臨む日本代表メンバーに選出された長友佑都が発したツイートが物議をかもした。2000件を超える返信があり、その多くが批判的な色に染められていた
続きを読む
二宮清純「ノンフィクション・シアター・傑作選」

谷底からの出撃 手倉森誠

 サッカーロシアW杯開幕まで約2週間――。4月に監督が交代し、コーチ陣も入れ替えがあった。ドタバタ劇の中、前監督時から代表チームをコーチとして支えているのが手倉森誠だ。今では彼が現代表の内情を一番知る
続きを読む
二宮清純「唯我独論」

第850回 パラスポーツに庶民目線“おもてなし”を

 ラグビーW杯開催が翌年に迫り、「スポーツホスピタリティ」という言葉を耳にする機会が多くなってきた。これは観戦のみならず、食事やギフト、専門家による解説なども加えた新しい形態のサービスで、これまでの日
続きを読む
二宮清純「唯我独論」

第849回 球場の安全対策促した「木戸ビール瓶事件」

 悲運の原因は、てっきりファンの暴走によるものだとばかり思っていた。ある巨人OBにも、そう聞かされていた。だが本人に直接話を聞くことで「悲運」と「暴走」を結び付けるものは何もないことがわかった。 19
続きを読む
二宮清純「スポーツのツボ」

第130回 Jリーグ開会宣言 川淵三郎の名演出

 1993年にスタートしたJリーグは現在、J1、J2、J3合わせて54のクラブを擁している。 目下、54クラブは38都道府県にまたがる。Jクラブが存在しないのは、青森、福井、滋賀、三重、奈良、和歌山、
続きを読む
二宮清純「ノンフィクション・シアター・傑作選」

8年目の打撃開眼 内川聖一

 内川聖一(福岡ソフトバンク)が5月9日、2000本安打を達成した。内川は大分工時代から評判の強打者だった。しかし、度重なる故障に悩まされレギュラー定着には至らず。才能が開花したのはプロ入り8年目だっ
続きを読む
二宮清純「唯我独論」

第848回 J25歳、前に進めたい「指導者のやり甲斐」

 10クラブでスタートしたJリーグは昨日、25歳の誕生日を迎えた。現在はJ1、J2、J3合わせて54クラブを擁する。Jクラブが存在しないのは、いよいよ青森、福井、滋賀、三重、奈良、和歌山、島根、高知、
続きを読む