ページのトップへ

二宮清純「唯我独論」

第1038回 五輪憲章と相いれない中国の人工降雪

 映像を見た瞬間、戦争でも始まったのかと思った。雪雲に向け、何者かが次々にロケット弾を撃ち込んでいるのだ。目的は人工降雪。場所は北京冬季五輪のスキー会場となる河北省張家口市。この映像はCCTV(中国中
続きを読む
二宮清純「スポーツのツボ」

第217回 スリルが醍醐味 アジア最終予選

 最悪の状況は脱したが、まだまだ予断を許さない。 今年11月に開幕するサッカーW杯カタール大会。アジア最終予選グループBで、日本は2位につけている。 1位 サウジアラビア5勝1分け、勝ち点16 2位 
続きを読む
二宮清純「唯我独論」

第1037回 “この道一筋”よりも“急がば回れ”

 幼少期から思春期にかけての複数競技の実施を推奨しているJSPO(日本スポーツ協会)が作成した「発育期のスポーツ活動ガイド」に興味深いデータが紹介されている。2016年リオデジャネイロ五輪において海外
続きを読む
二宮清純「唯我独論」

第1036回 地方の客増やした「新日のストロング小林」

 ストロング小林、サンダー杉山、グレート草津、ラッシャー木村、アニマル浜口、マイティ井上……。以上の名前を目にして、ある団体名が浮かんだ人は、作家の村松友視さん風に言えば、それなりの“プロレス者”であ
続きを読む
二宮清純「スポーツのツボ」

第216回 得点、警告ともにJ最多。稀代の選手は経験をどう伝えるのか(大久保嘉人)

「今までの経験を伝えなきゃいけないが、ライセンスがゼロなんで……」 21年11月、引退記者会見の席で、こう語ったのは元日本代表のFW大久保嘉人である。 プロ野球の監督になるのに、ライセンスは必要ない。
続きを読む
二宮清純「唯我独論」

第1035回 中国への沈黙は五輪精神に反する行為

 北京冬季五輪開幕まで1カ月を切った。大会のスローガンは「一起向未来」(共に未来へ)。地球規模の課題を世界が結束して克服し、共に手を携えて未来を切り拓いていこう、との意味が込められているという。 語呂
続きを読む
二宮清純「プロ野球の時間」

第735回 代表を優勝に導いた新GMにかかる期待と重圧(稲葉篤紀)

 ポストシーズンゲーム真っただ中のプロ野球だが、メディアの主役は、この秋、北海道日本ハムの監督に就任したばかりの“ビッグボス”こと新庄剛志である。<この原稿は2021年12月5日号『サンデー毎日』に掲
続きを読む
二宮清純「スポーツのツボ」

第215回 栗山ジャパン誕生 愛弟子と世界一へ

 3大会ぶりの「世界一奪回」を目標に、侍ジャパン(野球日本代表)新監督の座に北海道日本ハム前監督の栗山英樹が就いた。「日本野球のために結束し、2023年WBCで優勝できるよう全力を尽くしたい」 野球の
続きを読む