ページのトップへ

二宮清純のスポーツ・ラボ

第8回 ロードレース用新型ウェアは、世界を疾走するか

 世界最大のロードレース「ツール・ド・フランス」が今年も開幕した。昨年は新城幸也と別府史之の2選手が出場し、日本勢初となる完走を果たした。今回のツールにも新城が2年連続で出場しており、結果が注目される
続きを読む
二宮清純のスポーツ・ラボ

第7回 バイオラバーと高齢化社会のより良い関係

 改めて言うまでもなく、現在の日本は高齢化時代を迎えている。食生活の改善や健康志向で人々の寿命は延び、高齢者の人口比は増加の一途だ。高齢化社会という言葉が生まれたのは1956年の国連報告書と言われてい
続きを読む
二宮清純のスポーツ・ラボ

第6回 鉄人たちを支える技術力

 近年、世界的に注目度を増しているスポーツといえばトライアスロンだ。「スイム(水泳)」「バイク(自転車)」「ラン(マラソン)」の3競技で構成されるトライアスロンは「鉄人レース」との異名を持つ。2000
続きを読む
二宮清純のスポーツ・ラボ

第5回 「泳げない人が泳げる」水着、誕生

 前回紹介した山本化学工業製の水着新素材「BRS−TX」は、「親水」で水との抵抗を軽減する新しい技術で高い評価を得ている。「泳ぎやすさを比較すれば過去最高レベル」とイタリアアリーナ、ダイアナ、マテュー
続きを読む
二宮清純のスポーツ・ラボ

第4回 新ルール対応・水着素材の秘密

 昨年まで競泳界を席巻した“高速水着”は、今季から大会での着用が禁止される。国際水泳連盟(FINA)の新ルールに基づき、水着の形状や素材について制限がかけられたのだ。素材は繊維のみと決められたため、山
続きを読む
二宮清純のスポーツ・ラボ

第3回 バイオラバーで地域活性化!

<椅子に座ります。(バイオラバーを使用しない状況で)片足ずつ順番にひざをまっすぐ上にあげてみます。バイオラバーで足のつけ根をこすります。バイオラバーでおしりのほっぺをこすります。(写真:図1)→もう一
続きを読む
二宮清純のスポーツ・ラボ

第2回 水着でスイマーの“燃費”が向上!?

 水着の進化の歴史は、いかに水の抵抗を減らすかの戦いでもあった。泳ぎに邪魔なものとして小型化の一途をたどった時代を経て、撥水性の素材を使ったり、体の凹凸を抑えたり、整流効果をもたせたりと、抵抗を少しで
続きを読む
二宮清純のスポーツ・ラボ

第1回 世界を支えるメイドインジャパンの技術

 魔法の水着は姿を消し、記録だけが残るのか――。今夏、イタリア・ローマで行なわれた水泳世界選手権の競泳で数多くの世界新記録が生まれた。その数は43。新記録が更新されなかった種目はわずか9つのみ。永遠の
続きを読む