ページのトップへ

カープ・アイ

二宮清純「“侍・前田智徳”を生んだ村上孝雄のスカウト人生」(後編)

 村上の眼鏡にかなったのが、1986年のドラフト3位・緒方孝市(鳥栖高)と1989年のドラフト4位・前田智徳(熊本工)である。「2人ともヒジの使い方、そしてボールを放す位置。これにバラつきがなかった。
続きを読む
カープ・アイ

二宮清純「“侍・前田智徳”を生んだ村上孝雄のスカウト人生」(前編)

 村上孝雄と聞いてもピンとこない。オールドファンには宮川孝雄である。代打の宮川――。これほど勝負強いバッターは他にいなかった。 そして、この勝負強さが、後のスカウト活動に生きたのではないか。私はそう考
続きを読む
今日のスポーツ&結果

4球団競合。近大・佐藤は阪神、早大・早川は楽天が交渉権 ~プロ野球ドラフト会議2019~

 26日、「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」が行われ、関西大学リーグの通算本塁打記録を22年ぶりに更新した大型スラッガー・佐藤輝明(近畿大)には4球団(阪神、福岡ソフトバ
続きを読む
アナザーアングル

広島ドラ3・鈴木寛人を特集した『キラボシ!』10月22日(火)放送!

(写真:エースとして霞ケ浦を夏の甲子園出場に導いた鈴木 ©BS11) 10月17日にドラフト会議が行われ、佐々木朗希(岩手・大船渡)、奥川恭伸(石川・星稜)ら注目高校生投手が1位指名を受ける中、鈴木
続きを読む
野球

佐々木は千葉ロッテ、奥川は東京ヤクルト! ~プロ野球ドラフト会議2019~

 17日、「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」が行われ、高校最速163キロの佐々木朗希(大船渡)は、北海道日本ハム、千葉ロッテ、東北楽天、埼玉西武の4球団が競合し、抽選の結
続きを読む
FORZA SHIKOKU

松永昂大(千葉ロッテ/香川県大川郡志度町出身)最終回「淡々と、そして黙々と」

 2011年春、晴れて大阪ガスに入社した松永昂大だが、野球部にどこか物足りなさを感じたという。社会人野球の強豪のレベルが低かったわけではない。「関西国際大学では野球の全てを教わった」。それほどまでに大
続きを読む
FORZA SHIKOKU

松永昂大(千葉ロッテ/香川県大川郡志度町出身)第3回「選択肢になかったプロ野球」

 2007年春、松永昂大は生まれ育った香川県を離れ、兵庫県へと旅立った。三木市にキャンパスを置く関西国際大学に進むためだ。「初めて野球を習ったと思う」と言うほど、同大の練習環境、質は高かったという。野
続きを読む
佐野慈紀「ピカイチ球論!」

第167回 中継ぎ投手の契約更改に込めた思い

 年の瀬も押し迫って球界はシーズンオフの真っ只中です。各球団、ほぼ契約更改交渉も終了し、巨人・菅野智之が球界最高額タイの6億5000万円(金額は推定・以下同)で更改したなど景気の良いニュースが聞こえて
続きを読む
佐野慈紀「ピカイチ球論!」

第166回 戦国パで鍛えられたソフトバンクの勝負勘

 秋季キャンプも終わり、球界は契約更改やFA選手の動向などストーブリーグの話題一色になってきました。本格的なオフシーズンを前に、今回は日本シリーズ、ドラフト、そして日米野球について振り返りましょう。 
続きを読む
野球

4球団競合の根尾昂は中日が交渉権を獲得 ~プロ野球ドラフト会議2018~

 25日に行われた「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」、注目の根尾昂(大阪桐蔭)は、中日、北海道日本ハム、巨人、東京ヤクルトの4球団が競合、抽選の結果、中日が交渉権を獲得し
続きを読む
12