ページのトップへ

野球西国巡り(第3水曜更新)

第290回 太田直哉(愛媛)「高校以来の捕手転向。チームを勝たせることにやりがいあり!」

 2年連続で後期優勝を果たしながらリーグチャンピオンシップで敗れた愛媛マンダリンパイレーツ。昨季、キャプテンを務めた太田直哉はその悔しさを真正面から受け止めた。今季、外野手から捕手にコンバートされ、高
続きを読む
BCリーグ戦記(第2水曜更新)

第248回 埼玉武蔵・角晃多監督「リーグ屈指の練習量が成長の糧だ」

 今季、埼玉武蔵ヒートベアーズの監督として3年目のシーズンを迎えます。創設以来ずっと選手、コーチ、監督と立場を変えながら関わってきたこともありチームの成長をひしひしと感じています。例年以上の手応えを持
続きを読む
野球西国巡り(第3水曜更新)

第289回 吉田豊彦監督(高知)「ドッグスの活躍で高知の野球熱をさらに高めたい」

 今季の四国アイランドリーグplusは3チームで新監督が指揮を執る。高知ファイティングドッグスを率いるのは投手コーチから"昇格"した吉田豊彦監督だ。コーチとして8年間、高知投手陣の指導と育成を担った。
続きを読む
BCリーグ戦記(第2水曜更新)

第247回 村山哲二(BCリーグ代表)後編「BCリーグに引力を生むカネ・ヒト・モノ」

 BCリーグ戦記は先月に続いて村山哲二BCリーグ代表のインタビュー後編である。14年目を迎えるBCリーグは今季から12球団でシーズンを戦うことなるが、昨年秋、いわゆる「福井ショック」と呼ばれる球団消滅
続きを読む
野球西国巡り(第3水曜更新)

第288回 平間隼人(徳島→巨人育成1位)「出戻りからNPBへ。厳しい環境でこそ野球が楽しめる」

 徳島インディゴソックスの平間隼人が昨秋、巨人から育成ドラフト1位指名を受けた。ドラフト会議直後から指名挨拶やトレーニング、さらにジャイアンツ球場での育成選手冬季合同練習にも参加し、多忙な日々を過ごし
続きを読む
BCリーグ戦記(第2水曜更新)

第246回 村山哲二(BCリーグ代表)前編「12球団で迎えるシーズン、原点を見つめ直しファン拡大を」

 BCリーグ戦記、2020年最初の更新は村山哲二BCリーグ代表に登場願った。今季から新球団・神奈川フューチャードリームスが加入し、東西計12球団でシーズンが戦われる。「12球団化はひとつの区切り」と以
続きを読む
野球西国巡り(第3水曜更新)

第287回 畝章真(香川・広島育成ドラフト3位)「半年がかりのサイド転向が実り、NPB入り!」

 香川オリーブガイナーズから今年唯一NPBドラフトで指名を受けたのが2年目の右腕、畝章真だ。2018年、名古屋商科大から香川に入り、1年目に6勝、2年目に5勝をあげ、その間に投球フォームも変更した。高
続きを読む
BCリーグ戦記(第2水曜更新)

第245回 富山・松山真之(オリックス育成8位)「目指すは支配下登録と”火の玉ストレート”習得」

 富山GRNサンダーバーズの松山真之です。オリックスから育成8位指名を受けたとき、驚きとともにやはり嬉しさがありました。指名後はどんどん取材が入り、会見などを行っていく中で、「やらなきゃいけない」とプ
続きを読む
野球西国巡り(第3水曜更新)

第286回 上間永遠(徳島・埼玉西武ドラフト7位)「多彩な変化球を武器に目標は最多勝投手」

 今年のNPBドラフト会議で四国アイランドリーグplusからは徳島インディゴソックスの上間永遠(埼玉西武7位)、岸潤一郎(同8位)、平間隼人(巨人育成1位)、香川オリーブガイナーズの畝章真(広島育成3
続きを読む
BCリーグ戦記(第2水曜更新)

第244回 武蔵・松岡洸希(埼玉西武ドラフト3位)「最高速よりもボールの質を高めたい」

 埼玉武蔵ヒートベアーズの松岡洸希です。埼玉西武からドラフト3位指名を受け、NPBへの第一歩を踏み出しました。ドラフト当日は、まさか3位で呼ばれると思っていなかったので驚きました。指名後は取材なども増
続きを読む