ページのトップへ

スポーツ全般/ノンジャンル

川野将虎、男子35km競歩で銀 今大会日本勢は過去最多タイの表彰台 ~世界陸上オレゴン大会~

 現地時間24日、第18回世界陸上競技選手権大会最終日がアメリカ・オレゴンで行われ、男子35km競歩で川野将虎(旭化成)が2時間23分15秒でトップと1秒差の2位となり、自身初の世界陸上メダル(銀)を
続きを読む
スポーツ全般/ノンジャンル

北口榛花、女子やり投げで初の銅メダル! ~世界陸上オレゴン大会~

 現地時間22日、第18回世界陸上競技選手権8日目がアメリカ・オレゴン州で行われ、女子やり投げ決勝が行われ、北口榛花(JAL)が63m27で3位に入り、銅メダルを獲得した。日本勢のやり投げの表彰台は2
続きを読む
スポーツ全般/ノンジャンル

初出場・真野友博、男子走り高跳びで日本勢初の8位入賞 ~世界陸上オレゴン大会~

 現地時間18日、第18回世界陸上競技選手権4日目がアメリカ・オレゴン州で行われ、男子走り高跳び決勝は、初出場の真野友博(九電工)が2m27で8位に入賞した。同種目決勝進出は日本勢初。東京オリンピック
続きを読む
スポーツ全般/ノンジャンル

サニブラウン、男子100m日本勢初の7位入賞 ~世界陸上オレゴン大会~

 現地時間16日、第18回世界陸上競技選手権2日目がアメリカ・オレゴン州で行われ、男子100m決勝はサニブラウン・アブデル・ハキーム(タンブルウィードTC)が10秒06で7位入賞を果たした。日本勢の同
続きを読む
スポーツ全般/ノンジャンル

山西利和、男子20km競歩連覇! 池田向希が銀で日本勢ワンツー ~世界陸上オレゴン大会~

 現地時間15日、第18回世界陸上競技選手権がアメリカ・オレゴン州で開幕した。男子20km競歩は東京オリンピック銅メダリストの山西利和(愛知製鋼)が1時間19分7秒で連覇を達成。同銀メダリストの池田向
続きを読む
スポーツ全般/ノンジャンル

鈴木健吾、一山麻緒らを選出 女子3枠目は新谷仁美に ~世界陸上マラソン日本代表発表~

 日本陸上競技連盟は29日、都内で理事会を開き、7月にアメリカ・オレゴンでで開催される世界選手権陸上競技大会の日本代表男女各3名を発表した。男子は今年2月の東京マラソンで日本人トップ(4位)の鈴木健吾
続きを読む
FORZA SHIKOKU

久保田満(創価大学陸上競技部駅伝部ヘッドコーチ/高知県中村市出身)第3回「ふたつの目標」

 2004年春、旭化成に入社した久保田満には、ふたつの目標があった。ひとつは在籍中に「憧れだった」というマラソン挑戦。もうひとつは引退後、指導者の道に進むことだった。 日本を代表する名門チームで、茂と
続きを読む
二宮清純「ノンフィクション・シアター・傑作選」

心のアドバンテージと引き出しの多さで勝つ(鈴木雄介)<後編>

二宮清純: やはり競歩は膝を痛めやすいのでしょうか。鈴木雄介: そうですね。あのスピードで脚を伸ばしますから、どうしても膝に負担がかかってしまいます。<この原稿は2015年7月号『第三文明』(第三文明
続きを読む
スポーツ全般/ノンジャンル

競歩、「最も過酷なレース」で掴んだW金 ~陸上~

(写真:愛知製鋼の内田隆幸コーチから「基礎を教わった」という2人の金メダリスト<左か山西、鈴木>) 8日、日本陸上競技連盟は都内ホテルで、カタール・ドーハで行われた世界陸上競技選手権大会における日本
続きを読む
二宮清純「ノンフィクション・シアター・傑作選」

心のアドバンテージと引き出しの多さで勝つ(鈴木雄介)<前編>

 この9月にカタール・ドーハで開催された世界陸上。男子競歩50キロで鈴木雄介(富士通)が金メダルに輝いた。スタート時の気温は30度、湿度80%という悪条件の中、積極的にレースを展開し、フィニッシュした
続きを読む