ページのトップへ

金子達仁「春夏シュート」

韓国スポーツの低迷と脱却できない呪縛

金子達仁「春夏シュート」(土曜日更新)

 韓国に衝撃が走っている。男子サッカーがパリ行きの切符を取り逃しただけでなく、女子のサッカー、男女のバスケットもバレーも、ことごとくアジアの壁を突破できなかった。結局、パリ行きが決まった球技は女子ハン
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

“マイアミの奇跡“に乗ったA代表 28年前の再現期待

金子達仁「春夏シュート」(土曜日更新)

 28年前、日本は28年ぶりの五輪出場を果たした。あのとき、銅メダルを獲得した68年メキシコ五輪のことを、ほとんど江戸時代の出来事のように感じていたわたしには、いまの若い世代にアトランタ五輪の重要性を
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

U-23カタールとの一戦がパリへの最大の収穫

金子達仁「春夏シュート」(土曜日更新)

 日本の23歳以下代表が、無事にパリ五輪出場権を勝ち取った。まずは、大変な重圧の中、目標を達成したチームに賛辞を贈りたい。 1次リーグで韓国に敗れたことで、一時は予選突破自体を危惧する声もあった。大岩
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

韓国戦はヤマ場じゃなかった? 大岩監督

金子達仁「春夏シュート」(土曜日更新)

 パリ五輪を目指す23歳以下日本代表の前途が、怪しくなってきている。カタールかインドネシアか。準々決勝の相手を選択することになる1次リーグ最終戦で、韓国に敗れた日本は開催国カタールとの対戦が決まった。
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

苦さが残るU-23GK小久保の極端な時間稼ぎ

金子達仁「春夏シュート」(土曜日更新)

 前半の早い段階で退場者を出し、絶体絶命の状況に追い込まれた日本を救ったのが、GK小久保だったことに疑いの余地はない。特に、後半開始早々に訪れた1対1でのストップは、まさにビッグセーブだった。彼の活躍
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

サッカーが聖域ではなくなった苦みと五輪世代への期待

金子達仁「春夏シュート」(土曜日更新)

 サッカーだけは大丈夫、と無邪気に信じていた時代があった。 72年のミュンヘン五輪。パレスチナ過激派のテロにより、イスラエルの選手11人が殺害された。2年後、W杯西ドイツ大会でテロは起きなかった。 8
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

41歳川島の存在感が磐田に与えるプラス効果

金子達仁「春夏シュート」(土曜日更新)

 1年前までアマチュアだった選手たちが、立場をプロと変えただけで見違えるようなプレーをするようになったのが、Jリーグ初年度だった。大観衆に見守られ、自分たちだけでなく、ファンもが勝敗にこだわるようにな
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

伊東の疑惑が晴れた時、協会は特別な対応が必要

金子達仁「春夏シュート」(土曜日更新)

 どれほど仲のいい、あるいは付き合いの長い友人であっても、好きな映画や音楽が完全に一致することなどありえない。なので、代表監督が誰を選ぼうが、その選考に異をはさもうとは、基本的に思わない。あいつは俺の
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

森保監督が守田に直接問うべき「指示して」発言真意

金子達仁「春夏シュート」(土曜日更新)

 キロガ、クビヤス、そして超新星と期待されたウリベ。80年代のペルー代表を特集したYouTubeを見ていたら、監督が「DT」と表記されていた。 DT。ディレクトール。日本語に訳すと、指揮者、指導者、映
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

町田は荒々しく挑戦的な「メタル・フットボール」

金子達仁「春夏シュート」(土曜日更新)

“シャンパン・サッカー”。誰が言い出したのかはわからない。初めて聞いたのは、たぶん、わたしが10代の終わりにさしかかったころだったと思う。入手できる映像はほとんどなく、そもそもシャンパーニュ自体を味わ
続きを読む