ページのトップへ

Author Archives: 金子達仁

金子達仁「春夏シュート」

「それなり」の親善試合が満員……複雑

 サッカーの見方は千差万別だな、とあらためて思う。あの、親善試合とは思えぬ熱気に満ちた撃ち合いを「酷い負け方」と感じる人がいるのだから。おそらく対戦相手も、「こいつら、だいぶ手強いな」と驚いたのではな
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

日本の方向性決定 鍵握るのは「教育」

 大学3年生の時、メキシコで現地のユースチームと試合をしたことがある。W杯観戦ツアーに参加したメンバーの中に、関東大学リーグでプレーしている選手が複数いたため、「じゃあ腕試しをしてみようか」ということ
続きを読む

世にも珍しい広島森保監督の辞任劇

 この世にプロ・サッカーなるものが誕生してから現在にいたるまで、果たして何人のプロ監督が生まれ、存在してきたかは知らないが、おそらく、割合でいったら1%、いや、0.1%もないのではないか。少なくとも、
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

柴崎の新天地候補に「特別なベティス」

 2日前は3チームだった来季の候補が、1日たったら6つに増えていた。ひょっとすると、まだまだ増えるかもしれない。当然だ。あれほどの才能を、移籍金なしで獲得できる機会など、拝金主義のまかり通る現在のサッ
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

スペインの厳しい環境が柴崎の顔を変えた

 気のせいだろうか。スペイン2部のテネリフェでプレーしている柴崎が、急速に変わってきているように見える。 プレースタイルが、ではない。というより、プレーに関してはようやく本来の姿を取り戻しつつあるとい
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

トラップ極上レベルの乾と一方、心配な岡崎

 率直なところ、前半が終わった段階での心境は、同情心と暗澹たる気持ちで真っ二つ、といったところだった。 同情したのはシリアについて。これほど素晴らしいポテンシャルを持ちながらグループの4位に低迷し、W
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

高田vs.ヒクソンがダブったU−20日本vs.ベネズエラ

 97年10月11日、わたしがウズベキスタンで日本代表の戦いぶりに激しく落胆していたころ、東京ドームでは日本人の格闘技ファンが呆然となっていた。高田延彦がヒクソン・グレイシーに惨敗を喫したのである。 
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

日本サッカー界に現れた「憧れの連鎖」

 知人の映像作家、佐藤大輔さんが制作したサッカーサイト「レジェンドスタジアム」を見た。韓国で行われている20歳以下のW杯に出場している日本代表選手たちにインタビューをしたものなのだが、短い時間ながら非
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

才能は成功を約束するものではない

 あれは7年ほど前だったか、サッカー解説者になりたてだった頃の玉乃淳さんに聞いたことがある。 柿谷と香川、どちらが天才か。 ヴェルディの下部組織時代に天才の名をほしいままにし、中学卒業後はスペインに渡
続きを読む