ページのトップへ

Author Archives: 金子達仁

金子達仁「春夏シュート」

Jリーグを、日本サッカーを救った川口能活

 J3の相模原に所属する川口能活がグローブを壁にかける決断を下したという。ついにこのときが来たか、との感慨を抱きつつ、彼がなし遂げたことの大きさを改めて思う。 彼は、日本人のGKというポジションに対す
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

指導者にも、世界への道は開かれているはずだ

 端から「自分には無理」と諦めている選手も皆無ではないだろう。けれども、Jリーグでプレーするようになった選手、あるいはこれからJリーガーになろうと夢見ている選手であれば、きっと、頭のどこかにある。 い
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

「世界で勝つ」ため日本代表は次の段階へ

 結構、というか、生まれてこのかたなかったぐらい、聞かれている。幼稚園のパパ友から。行きつけの歯医者さんの先生から。基本的には海外のサッカーにしか興味のない友人から。 「新しい日本代表、すごくないっす
続きを読む
サッカー日本代表ニュース

W杯上位進出へ次は敵地で勝利を

 ウルグアイを倒すのは簡単なことではないが、至難というほどではない。だが、ウルグアイから4点を奪うのは、世界のどんな強豪にとってもなし遂げがたい超難事である。W杯ロシア大会の南米予選でウルグアイは5敗
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

競争激化が生む「海外組の終身雇用」喪失

 ほんの一昔前まで、海外でプレーすることは日本代表でのレギュラー・ポジションを約束されることに等しかった。どんなチームであっても、またチーム内での立場が相当に弱いもの、つまりはベンチを温めたり、ベンチ
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

名門だらけのJ残留争い 大いに愉しもう

 広島か、川崎Fか。J1の優勝争いはいよいよ佳境に入ってきたが、それ以上に目が離せないというか、えらいこっちゃな状況になっているのが残留争いである。 最下位を“独走”しかけていた長崎が、ここにきて番狂
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

シュートを「決めろ!」とは言わない日本人

 前日付のスポニチに載っていた柔道・井上康生監督の言葉が印象的だった。「柔道は常に期待され、常勝軍団であることが求められる。(中略)そういう期待があるからこそ、我々は強い気持ちで戦うことができる」 期
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

あれから20年、日本人が打ち砕いてきた「世界の壁」

 20年前のきょう、ホテルの窓から見えるローマの景色は雨で煙っていた。せっかくの門出の日に、およそ清々しいとは言い難い空模様。込み上げてくる不吉な思いを、強引に抑えつけたことは覚えている。 この日は、
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

若き侍よ“ファイター”であり続ける覚悟はあるか

 辛口評論家、と言えばセルジオ越後さんだが、実は、彼にはルールがある。 「高校生とかは絶対に批判しないよ。僕が辛口で接するのはプロだけ」 その薫陶を受けた人間の一人としては、準優勝に終わったアジア大会
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

好調名古屋支える“5割増し”レフティー前田

 以前、プロ野球OBの方にうかがって印象に残っている言葉がある。 サウスポーは5キロ増し。 左ピッチャーの投げる直球は、右投げの投手が投げるものよりも時速5キロほど速く感じられるのだという。つまり、サ
続きを読む