ページのトップへ

Author Archives: 金子達仁

金子達仁「春夏シュート」

「身の丈にあわない」超大物加入でJは変わる?

 あらかじめ決まっていた日程とはいえ、あれほど盛り上がったW杯のあとだと、もう少し余韻を味わう時間が欲しかった気分になる。余韻。新たなる渇望。そして再開。せっかくイニエスタ、フェルナンド・トーレスとい
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

恐れる選手を勇士に変えた西野監督に脱帽

 一夜明けてもなお、歴史的勝利の余韻が残っている。ロシアが決勝トーナメント進出をほぼ確実にしたことも、セネガルが予想以上に洗練されていたことも、遠いところで起きた自分たちとは無縁の出来事のように思えて
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

「継続か転換か」一人の男が生んだ世界の潮流

 さあ、宴(うたげ)の始まりである。 率直にいって、現代のW杯は依然世界最大の大会ではあるものの、最高の大会ではもはやない。最高の技術、最高の戦術、最高の試合を見たいのであれば、W杯よりも欧州CLの方
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

西野ジャパンはもっと気楽になっていい

 ペルージャ、ローマ、パルマ、ボローニャ、フィレンツェ。以前からのサッカーファンであればピンとくる方もいらっしゃるだろうが、W杯を前に、W杯とはまるで関係のない旅をしている。 これで何度目か忘れてしま
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

“帰る場所”も戦える武器もない

 英断か、はたまた暴挙か。いまなお評価の分かれているハリルホジッチの電撃解任だが、この内容と結果は、論争に決着をつけるどころか、拍車をかけることになりそうだ。 W杯出場を逃した国にホームで0-2の敗戦
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

もし日本の選手が相手にケガをさせたら

 妻が憤慨している。「あれ、ひどいわよね」 確かにひどい。というか、大事に至らなくて本当によかった。 人間、覚悟や用意をした上での衝撃であれば、かなりのレベルまで耐えられるそうだが、無防備な状態となる
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

イニエスタ神戸入りならジーコ以来の衝撃

 ぶったまげた。イニエスタ? 年俸30億円超? もし本当ならば、ジーコが住友金属(現鹿島)に入団したとき以来の衝撃である。いや、あのときのジーコが一度現役を退いていたことを考えれば、今回の方がインパク
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

西野監督 川崎F母体に代表づくりはいかが?

 82年W杯スペイン大会におけるブラジル代表と言えば、史上もっとも魅力的なサッカーを展開したと評価する人も多い、伝説的なチームである。「黄金のカルテット」と呼ばれたジーコ、ソクラテス、ファルカン、トニ
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

最終メンバー発表 劇的かつ意外性の予感

 元日本代表監督のトルシエが仏メディアの取材に対し、ハリルホジッチ監督が日本でやろうとしたことは、バルサの選手に「守備をしろ、デュエルで勝てる集団をつくれと言っているようなもの」と答えたそうだ。 なる
続きを読む