ページのトップへ

金子達仁「春夏シュート」

ブンデス再開 アジアマネーの勢力図変わるか

 朝の山手線の乗客が35%しか減らなかったことを受け、「出勤しちゃうんだ」と為末大さんがつぶやいたのは4月7日のことだった。待ち受けていたのは結構なバッシング。 それがどうだろう。1カ月ほどがたったこ
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

「コロナ後」欧州へのアジアマネーに変化は

 もうすぐなのか、はたまたしばらく先なのか、いずれにせよ、このコロナ禍もいつかは終息のときがくる。全地球上で、全人類が再起に向けて立ち上がる。ただ、ダメージから完全に回復したその姿は、おそらく、コロナ
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

9月新学期説でJリーグも「変わる」

 昔の人は太陽が地球の周りを回っていると信じていた――という話と同列に捉えていた。戦争中は疎開先で地元の子供たちにいじめられたという話や、被爆者が差別を受けたといいう話。自分とは関係のない昔の話。迷信
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

“戦時”の傷を浅くする方法 考えるのは誰だ

 先日、大学駅伝部の監督さんにお話をうかがう機会があった。選手たちのモチベーションが下がり始めているという。「学生にとっては箱根駅伝と同じぐらい重要な5月の関東インカレは中止になってしまいましたし……
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

終息しても“以前のサッカー”復活は困難

 東大大学院の鳥海不二夫准教授によると、「100万の統計データよりも有名人の死という一つの物語が人々の行動を変えることがある」のだという。 なるほど。ただ、有名人の死よりも確実に、人々の行動を変えるも
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

五輪サッカー年齢制限問題 選手は心配無用

 幸いにして起こしたことはないものの、肝には銘じてある。 謝罪してはダメ! それが交通事故を起こした際の鉄則なのだと学生のころに聞いた。ひとたび謝罪の言葉を口にしてしまえば、落ち度が自分にあると認めた
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

スポーツ界の傷癒す特別な何か必要

 すべてが、予想以上のスピードで動いている。 欧州選手権の延期が決まった。決まったこと自体に驚きはない。ただ、決断が下された時期には驚いた。こんなにも早く! ほんのひと月前、クルーズ船に対する日本の対
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

スポーツだからできることを考える時期

 プロ野球のオープン戦を見る。ライト線の打球をヨタヨタと追うサンズの動きが、草野球に見えてくる。 大相撲を見る。そんなはずはないのだろうけれど、土俵際でもう一踏ん張り、といった場面が減った気がする。あ
続きを読む