ページのトップへ

金子達仁「春夏シュート」

野球界を見習いJでも新星にスポットを

 確かシドニー五輪の前後だった。A代表だろうが五輪代表だろうが予選だろうが親善試合だろうが、日本代表というだけで会場が満員になってしまう状況を本欄で皮肉った記憶がある。 こんなのいまだけ、日本だけ、と
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

“ガチ”の「クラブ・ワールドユース」を日本で

 0-4。大敗である。公式戦であれば、この1敗だけで監督のクビが飛ぶことも考えられる結果である。 12日、タイのバンコクで行われたプレシーズンマッチで、リバプールがマンチェスターUに0-4で敗れた。 
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

独の求める価値が日本の新たな武器に

 80年代を生きるアメリカの高校生マーティにとって、日本車は高性能の象徴だった。タイムマシンに乗って出会った50年代の科学者ドクにとって、日本製は安かろう悪かろうの象徴だった。映画「バック・トゥ・ザ・
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

野球界から学びJリーグの活気を再び

 サッカーは野球の敵。 いまとなっては信じられない気もするが、かつては、そう公言して憚らない人がこの国にはいた。 サッカーは日本人の国民性に合わない。サッカーは日本が培ってきた秩序と文化を破壊する。当
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

今の日本に必要なのは新たなる「若気」

 W杯日韓大会から20年、ということで、さまざまな媒体であの大会の特集が組まれている。わたし自身、雑誌の企画で川淵三郎さんと中田英寿さんにお話をうかがう機会をいただいた。自分自身の記憶と合わせて、同じ
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

ウクライナ国旗を胸に、W杯を戦おう

 チュニジア戦の惨敗を受け、しかし「失望はしたが絶望はしていない」と書いてから半日後、試合を報じる各メディアの論調を見て少しばかり気持ちが動いた。 より、暗くなった。 原因は、シュミット・ダニエルに対
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

体感したブラジルの“速さ”を基準にせよ

 さすがはブラジル、というべきか。試合が終わって数日が経っても、あちこちであの試合について聞かれる。 一番よく聞かれたのは「ブラジルは本気だったんですか」ということ。これ、良くも悪くも日本人ならではの
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

本気のブラジルと戦うために……頑張れ、韓国

 パラグアイ、ブラジル、ガーナ、チリまたはチュニジア。このコロナ禍にあって、よくぞこれだけの対戦相手を揃えたものだと思う。疑似W杯、とまではいかないものの、疑似コパアメリカもしくは疑似アフリカン・ネー
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

W杯ドイツ戦楽しみになる独での日本人大活躍

 高原直泰がブンデスリーガ初ゴールをあげた19年前の2月9日、日本人メディアは大騒ぎだった。わたしもそのうちの一人だった。マジか! 信じられない! それが正直な気持ちだった。 たかが1ゴールで? と思
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

昨今の“マニア向け”Jリーグ解説は正解か?

 アトランタ五輪を題材にした初めての単行本を書いた当時31歳のわたしにとって、メキシコ五輪は歴史上の出来事でしかなかった。第2次大戦や関東大震災のように、知っていても自分との直接的な関係は感じることの
続きを読む