ページのトップへ

鈴木康友「プロ野球セオリー&メモリー」

第38回 楽天をひとつにした“親分”、星野仙一監督の求心力

 いよいよプロ野球のペナントレースが佳境に入ってきました。9月24日時点でセ・リーグは首位・東京ヤクルトが優勝マジック2、パ・リーグは首位・福岡ソフトバンクがマジック6としています。2位・横浜DeNA
続きを読む
二宮清純「プロ野球の時間」

第752回 現役ドラフト導入 プロ野球に新風を

 今オフから始まる「現役ドラフト」に注目している。<この原稿は2022年9月16日号『週刊漫画ゴラク』に掲載されたものです> これは出場機会に恵まれない選手の移籍を促すことで球界を活性化させようとの試
続きを読む
カープ・アイ

西本恵「カープの考古学」第54回<カープ飛躍の契機、後援会設立編その4/試練乗り越え迎えた開幕戦。チーム救ったルーキー右腕>

映画劇場で募金 広島カープが2年目のシーズンに入る前、財政状況が泥沼化していた球団は“風前の灯火”状態だった。しかし、初代監督・石本秀一の発案による後援会構想により、わずかながら光明が差し込んできた。
続きを読む
二宮清純「プロ野球の時間」

第751回 村上宗隆三冠王へ 名サードへの条件

 エンゼルスの大谷翔平は、ひとまず脇に置いておくとしよう。現時点で日本人最強打者は誰か? 東京ヤクルトの村上宗隆というのが衆目の一致するところだろう。<この原稿は2022年8月12日号『週刊漫画ゴラク
続きを読む
西田真二「赤ヘル寅さん放浪記」

四国IL草創期よみがえった下関国際の軌跡

 厳しい暑さが和らぎ、秋が近づいてきました。8月のトピックと言えばアマチュアでは、何と言っても夏の甲子園。仙台育英と下関国際の決勝はもちろんのこと、全体的に見応えのある大会でしたね。プロ野球では、東京
続きを読む
鈴木康友「プロ野球セオリー&メモリー」

第37回 02年日本S、西武打線封じたグラウンドキーパーの“仕事”

 8月22日に閉幕した夏の甲子園は、仙台育英(宮城)が東北勢では春夏通じて史上初となる優勝を飾りました。好ゲームが多かった今大会、センバツ王者の大阪桐蔭がベスト8で姿を消す波乱もありました。準優勝した
続きを読む
二宮清純「唯我独論」

第1068回 53年間の恩讐消した東北勢の悲願

 仙台育英(宮城)が東北勢として初めて甲子園を制した。ご同慶の至りである。 東北勢は過去、春夏合わせて12回も決勝に進出しながら、いずれも敗れており、「越すに越されぬ白河の関」などと言われたりもした。
続きを読む
野球

大旗がついに東北へ !仙台育英、4度目決勝で初V ~第104回全国高校野球選手権大会 第14日~

 第104回全国高校野球選手権大会の決勝が22日、阪神甲子園球場で行われ、仙台育英(宮城)が下関国際(山口)を8対1で下し、優勝を飾った。仙台育英は4度目の甲子園決勝で初の戴冠を果たし、春夏通じて初め
続きを読む
野球

仙台育英と下関国際が決勝進出!ともに初優勝かけ22日激突 ~第104回全国高校野球選手権大会 第13日~

 第104回全国高校野球選手権大会の準決勝が20日、阪神甲子園球場で行われ、仙台育英(宮城)が7年ぶり3度目、下関国際(山口)が春夏通じて初となる決勝進出を決めた。第1試合で同じ東北勢の聖光学院(福島
続きを読む