ページのトップへ

二宮清純「唯我独論」

第1044回 高齢者にも希望を与えるJ2山口の観戦支援

 子どもたちに夢を与えたい――。アスリートや球団・クラブの関係者が判で押したように口にする言葉だが、スポーツは子どもたちだけのものではない。お年寄りにも希望を与えたい。誰か、そう言わないものかと期待し
続きを読む
二宮清純「スポーツのツボ」

第220回 メンタル・コントロールに秀でた新王者

 近年、よく「アンガーマネジメント」という言葉を耳にする。要するに怒りの感情と、どう上手に付き合うか。そのための心理的トレーニングを指す。 だが言うは易し、行うは難し――。人間、そう簡単にふつふつとわ
続きを読む
二宮清純「プロ野球の時間」

第739回 大物落選の米殿堂 薬物使用疑惑の影

 アメリカ野球殿堂博物館はニューヨーク州クーパーズタウンにある。殿堂入りを果たせばギャラリーにレリーフが飾られる。<この原稿は2021年2月25日号『週刊漫画ゴラク』に掲載されたものです> 殿堂入りの
続きを読む
二宮清純「ノンフィクション・シアター・傑作選」

ザッケローニは奇跡の指導者なのか?<後編>

 アリゴ・サッキ氏同様、ザッケローニ氏にもプロとしての選手経験はない。20代後半で指導者としてのキャリアをスタートさせ、弱小クラブのウディネーゼを3-4-3の攻撃的布陣でセリエA3位に引き上げ一躍、注
続きを読む
二宮清純「スポーツのツボ」

第219回 国際プロのエース ストロング小林さん死去

 昨年の大みそかに膿肺のため81歳で亡くなったストロング小林(本名・小林省三)さんは、IWA世界ヘビー級王座を25回も防衛したことのある国際プロレスの看板レスラーだった。 身長187センチ、体重125
続きを読む
二宮清純「プロ野球の時間」

第738回  「殿堂入り」高津とマサの逆転人生

 野球殿堂の競技者表彰は「プレーヤー表彰」と「エキスパート表彰」の2部門に分かれるが、今年は前者で歴代2位の286セーブ、日米通算313セーブを記録した現東京ヤクルト監督の高津臣吾と、史上最年長勝利(
続きを読む
二宮清純「ノンフィクション・シアター・傑作選」

ザッケローニは奇跡の指導者なのか?<前編>

 サッカー元日本代表DF内田篤人がインターネット配信番組で「また日本サッカーに関わってほしい」指導者として同代表元監督アルベルト・ザッケローニの名前を挙げた。日本代表監督を務めた4年間で「日本に恋をし
続きを読む
二宮清純「スポーツのツボ」

第218回 リーグワン初代王者を目指し、同時にまち・人づくりも(埼玉WK・飯島均GM)

 Jリーグ初代チェアマンの川淵三郎が2006年に上梓した『虹を摑む』(講談社)によると、Jリーグ創設に際し、浦和市(現・さいたま市)の活性化のため、プロチームを招致する運動の先頭に立っていたのは、青年
続きを読む
二宮清純「唯我独論」

第1039回 リーグワン「東京」だらけのチーム名に工夫を

 コロナ下、“東京離れ”が加速しているというニュースを目にした。総務省が1月28日に公表した2021年の人口移動報告によると、23区内で初めて「転出超過」が確認された。要するに区外への転出者が転入者を
続きを読む
二宮清純「プロ野球の時間」

第737回 栗山ジャパン誕生 愛弟子と世界一へ

 3大会ぶりの「世界一奪回」を目標に、侍ジャパン(野球日本代表)新監督の座に北海道日本ハム前監督の栗山英樹が就いた。<この原稿は2021年12月31日号『週刊大衆』に掲載されたものです>「日本野球のた
続きを読む