ページのトップへ

金子達仁「春夏シュート」

「魂消た」 五輪ボランティア誘導案内の時給

 年齢を重ねることの利点の一つは、若いころに比べると気持ちが揺れなくなること、ではないかと思う。 そろそろ四捨五入すると60歳になるわたしは、だから、笹生優花の全米女子オープン優勝を、穏やかな気持ちで
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

五輪、金狙うなら A代表の喉笛を食いちぎれ

 カネがなかったんだろうな、としみじみ思う。1週間後には、W杯予選が香港で始まる。12月の香港と日本とでは、季節も違えば芝生の状態も違う。できることなら、前乗りして体を慣らしておきたい。実際、近年の日
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

五輪開催を叫び続ける政府 終戦間際のよう……

 女性蔑視とも取られる森さんの発言が問題になった時、当初、IOCは我関せず、の姿勢だった。態度を一変させたのは、欧米のメディアが取り上げたから――とわたしは見ている。 だから、驚いた。 バッハ会長の「
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

「ぼったくり男爵」なぜ米国発信

 一般紙の取材を受けた。「なぜ日本のアスリートは自分の意見を言わない?」 ん~、一概にそうとはいえない気もするけど、欧米のアスリートに比べていささか控えめなのは事実だし……と、あたりさわりのない答えを
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

国外資金依存の図式が招いたSL設立騒動

 長年、というよりはこの競技が誕生して以来ずっと、ダービー・マッチはサッカーの華であり続けてきた。優勝争いやビッグクラブ同士の対決に負けないぐらいの重みを持つこともある、その国のサッカーにとって特別な
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

“混ぜるな危険”開催に必要な寄り添う姿勢

 お風呂の洗剤は、単品ではそれほどの毒性はなくとも、混ぜると人を死に追いやるほどの猛毒に変質することがある。 最初に洗剤をまいたのはバッハさん。緊急事態宣言が発せられたと聞いて「五輪には関係ない」との
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

池江を五輪開催の象徴にしてはいけない

 日曜日、わたしの涙腺は息子の幼稚園卒園式以来の大決壊を起こしてしまった。いや、本当に凄かった。池江璃花子さん。わたしだけでなく、ヨメまで号泣。息子だけがキョトン。 個人的には、アスリートの口から、「
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

東京五輪が分岐点だったと語られる大会に

 ラーメン! 26年前、留学してすぐに頭から離れなくなったのがコレだった。バルセロナにはラーメン屋がない。いや、厳密にいえばあるだけはあったのだが、一度足を運ぶと選択肢の中から消えた。 あのころは、ス
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

政治は政治 スポーツはスポーツ 日韓戦開催すべき

 それはそれ。これはこれ。 なので、個人的には「さすがだな」と思った。IOCのバッハ会長が突然発表した中国からのワクチン供給提案について。 IOCが中国のワクチン外交に利用されている、という見方もある
続きを読む