ページのトップへ

Tag archives for 金子達仁

金子達仁「春夏シュート」

個性あふれる“J新時代”幕開けの予感

 開幕してまだ2試合。この時期の順位を気にしている選手やファンなどいないだろうし、実際のところ、シーズン序盤の成績ぐらいアテにならないものはない。とはいえ、連勝スタートを切って気分の悪い人間はいないし
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

自力で局面を打開できるカタールは危険な相手

 決勝の相手がカタールに決まったとき、思わずほくそ笑んでしまったのはわたしだけだろうか。 いうまでもなく、カタールは次回W杯の開催国。となれば、プレW杯として行われるコンフェデ杯には開催国枠として出場
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

クライフの抜けたオランダ=中島&大迫の抜けた日本

 いまでは日本のサポーターも当たり前のように使っている「バモス」というスペイン語が初めて日本に認知されたのは、78年W杯アルゼンチン大会がきっかけだろう。 スタジアムを埋めつくす真っ白い紙吹雪と、響き
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

アジア制覇へ柴崎の復調が絶対条件

 阪神の高山外野手が母校明治大学のラグビー部が日本一になったことに刺激を受けている、という。競技は違えど、母校の優勝はOBにとって嬉しいものであるらしい。 ならば、母校の、それも自分が所属していたクラ
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

Jリーグにも絶対的存在が出現する予感

 5連覇に暗雲が、それも相当に濃い暗雲が立ち込めた箱根駅伝での青学。前人未踏の10連覇を阻まれた大学ラグビーでの帝京。19年の新春は、学生スポーツの巨星が相次いで堕ちる衝撃的な展開で幕を開けた。 印象
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

3代連続W杯1敗……とんでもない王国の10番

 ジーコと言えば悲運。ジーコと言えば無冠。W杯での印象が強すぎるだけに、ついそう思ってしまっていたわたしだが、先日、ブラジルに詳しい知人から意外な事実を知らされた。「実はジーコって、W杯で1回しか負け
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

POの結末は「天国か地獄か」だけでいい

 残留か、降格か。抜け出すか、取り残されるか。ひょっとすると優勝争いよりも劇的で、残酷なドラマが展開されている。当事者に残るのかは、最良か、最悪か、どちらかの結果と記憶しかない。J1かJ2か。来季のカ
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

監督が注目を集めた1年 J1最終節のタクトが楽しみ

 ハリルホジッチ前監督を解任して西野朗氏を後釜に据えたこと。 批判の声も根強かったこの更迭劇が、前評判を覆す快進撃を生んだこと。 W杯終了後、監督に就任した森保監督に率いられた新チームが、負けなしで1
続きを読む