ページのトップへ

Tag archives for マイナースポーツ

スポーツ全般/ノンジャンル

新たな時代への幕開け ~日本オープンスラックライン選手権~

(写真:優勝したアレックスは19歳。常に進化を遂げている) 国際スラックライン連盟(WSFed)公認大会である「GIBBON 日本オープンスラックライン選手権大会2016」が3日から2日間、東京・二
続きを読む
二宮清純「唯我独論」

第759回 「サーフォノミクス」地方は五輪の波に乗れるか

 サーフォノミクスという言葉がある。直訳すればサーフィン経済。世界におけるサーフィン人口は3000万人~4000万人。市場規模は「米国だけで20億ドル超」(日本経済新聞7月20日付)という。 この国に
続きを読む
二宮清純「ノンフィクション・シアター・傑作選」

金メダルを撃て! 松田知幸

 リオデジャネイロ五輪開幕まで残り1カ月を切った。日本人メダル第1号を期待されているのが、ライフル射撃男子日本代表の松田知幸だ。五輪3大会連続出場の松田は、今年1月のアジア予選大会で優勝するなど、順調
続きを読む
スポーツ全般/ノンジャンル

広がり始めた新たな線 ~スラックライン~

(写真:福田をはじめとしたトップライナーがメディアに取り上げられることも増えた)「あ、スラックラインやってる」と足を止める人がいれば、得意気に「あれ、スラックラインっていうんだよ」と説明している人も
続きを読む
二宮清純「唯我独論」

第746回 水球日本代表に“ギリシャ神話”は不安

 32年ぶりの五輪出場を決めた水球日本代表は「ポセイドン・ジャパン」と呼ばれる。ポセイドンとはギリシャ神話に登場する海と地震を司る神。最高神ゼウスに次ぐ実力を誇ると言われる。 ところが、この愛称、監督
続きを読む
DAIKI倶楽部

ボウリング・泉宗が大賞、えひめ国体特別賞にビーチバレー・佐伯ら ~第15回大亀財団スポーツ賞~

(写真:大賞に輝いた泉宗選手) 第15回を迎えた大亀財団スポーツ賞の表彰式が10日に松山市内で行なわれた。国際レベルで活躍した選手、指導者及び支援、協力者や環境づくりに貢献した人に贈られるスポーツ大
続きを読む
スポーツ全般/ノンジャンル

女王・福田、5連覇達成 男子は13歳の田中が初優勝 〜日本オープンスラックライン選手権〜

 6日、国際スラックライン連盟(WSFed)公認大会の「GIBBON 日本オープンスラックライン選手権2015」が東京・二子玉川ライズで行われた。オープンクラスは女子の部で福田恭巳が5連覇を達成。男子
続きを読む
スポーツ全般/ノンジャンル

線上のフリースタイルスポーツ(スラックライン)

「何あれ? すごくない!?」。5月の週末、東京・世田谷にある複合商業施設の二子玉川ライズに訪れた人たちが歩みを止め、見慣れないスラックラインという競技に惹き付けられていた。16日、国際スラックライン連
続きを読む
FORZA SHIKOKU

権田達也(中央大学重量挙部/愛媛県新居浜市出身)最終回「愛媛のために、日本のために」

「階級を53キロから56キロに上げてみたらいいんじゃないか?」 2012年10月の国民体育大会終了後、権田達也は中央大学重量挙部の同級生からこうアドバイスされた。権田は大学に入って記録が伸びなくなり、
続きを読む
FORZA SHIKOKU

権田達也(中央大学重量挙部/愛媛県新居浜市出身)第4回「有終の美を飾った高校生活」

「今日はバーベルが軽く感じる」 2011年8月、権田達也はインターハイのウエイトリフティング男子53キロ級に出場した。冒頭のコメントは、スナッチの1回目を挙げた時の感触である。ライバルと目されていた選
続きを読む