ページのトップへ

松本晋司「愛媛FC、背番号12の視点」

第268回「大花火」 ~大宮との戦い~

 子供たちが夏休みをエンジョイしていた時節、愛媛FCは好調を維持していた! 7月31日に行われた第25節(対長崎戦)での勝利を皮切りに、第26節(対岡山戦)、第27節(対千葉戦)と勝利し、今季初の3連
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

トルシエやエディーのやり方はパワハラと非難されただろうか

 重大なミスを犯した選手を監督が殴ったとする。これって、パワハラだろうか。 違う、とわたしは思う。 暴力は、“ハラスメント=嫌がらせ”なんて言葉で片づけられるものではない。当事者がどんな理屈を並べよう
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

J変革の時-G大阪食野“保証書”なしでマンC移籍

 ただの1点。それも試合の趨勢が決してからの、焼け石に水的な1点だった。とはいえ、そのゴールシーンのインパクトは鮮烈で、「これでこの選手の人生が変わるかも」と書いたのが3カ月前のことだった。 まさか、
続きを読む
二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

「日本人選手はコンタクトに弱い」は昔の話

 夏の移籍市場で日本の若手Jリーガーが次々と欧州へ渡っている。 東京五輪世代で括れば、久保建英(レアル・マドリード)を筆頭に安部裕葵(バルセロナ)、前田大然(マリティモ)、中村敬斗(トゥエンテ)、菅原
続きを読む
田崎健太「国境なきフットボール」

第211回 李忠成の人生を変えた2011年のアジアカップ決勝 ~稲川朝弘Vol.20~

 2011年1月7日からカタールで行われたアジアカップはイタリア人指揮官、アルベルト・ザッケローニが初めて挑む、中間試験のようなものだった。もちろん最終審査は、アジア予選を勝ち抜き、2014年のワール
続きを読む
松本晋司「愛媛FC、背番号12の視点」

第267回「恩返し」 ~松山市民大清掃での活動について~

 前日からの雨も止み、梅雨の中休みとなった7月14日(日)の早朝。第44回目の松山市民大清掃が行われた。 この市民大清掃はこれまで1年に1度のペースで行われてきたが、昨年は西日本豪雨災害の影響により急
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

日本屈指の名門買収 Jリーグの決断を評価したい

 フリマアプリ大手のメルカリが鹿島を買収したと。そのこと自体に驚きはないが、全株式の62%をたった16億円で取得できてしまったことには驚いた。 いまから14年前、米国人の実業家がマンチェスターUを買収
続きを読む
大野俊三「ZAGUEIROの眼」

第150回 相手の“懐”に入るべし!

 関東甲信地方は梅雨明けが発表され、いよいよ“夏本番”という感じですね。この7月、サッカー界にはたくさんの動きがありました。今回は僕の経験も交えながら、振り返ろうと思います。 西野新監督はオフトやジー
続きを読む
Sportful Talks

第16回 小山淳(スポーツX代表取締役社長)「誰もが目指せるスポーツクラブ経営を」

「Sportful Talks」は、ブルータグ株式会社と株式会社スポーツコミュニケーションズとの共同企画です。多方面からゲストを招き、ブルータグの今矢賢一代表取締役社長、二宮清純との語らいを通し、スポ
続きを読む