ページのトップへ

Tag archives for Jリーグ

スポーツ全般/ノンジャンル

川淵三郎vs.元貴乃花親方「共鳴できる仲間を増やせ」 ~東大院生を相手に白熱講義~

(写真:「スポーツ経営とイノベーション」の講義に特別講師を務めた東大院生相手に講義した川淵氏と花田氏) トップリーグ連携機構会長の川淵三郎氏と大相撲・元貴乃花親方の花田光司氏の両氏が8日、東京大学で
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

Jリーグにも絶対的存在が出現する予感

 5連覇に暗雲が、それも相当に濃い暗雲が立ち込めた箱根駅伝での青学。前人未踏の10連覇を阻まれた大学ラグビーでの帝京。19年の新春は、学生スポーツの巨星が相次いで堕ちる衝撃的な展開で幕を開けた。 印象
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

劇変の30年“ガラスの天井”は崩れ落ちる

 入社2年目だった30年前の今頃は、年明けから始まる高校選手権の準備で大わらわだった記憶がある。当時のサッカー専門誌にとって、決勝戦が満員の国立競技場で行われる高校サッカー選手権は、年に一度にして最大
続きを読む
大野俊三「ZAGUEIROの眼」

第143回 世界との差を埋めるためには

 鹿島アントラーズがFIFAクラブワールドカップ(クラブW杯)にアジア王者として参戦し、ベスト4に進出しました。準決勝では2年前の決勝戦で延長の末に敗れたレアル・マドリードと再戦。1対3で敗れ、選手た
続きを読む
二宮清純「唯我独論」

第880回 平成のスポーツ界に「地域密着」を広めたJリーグ

 平成最後の年の瀬も、いよいよ押し迫ってきた。スポーツにおける平成とは、果たしてどんな時代だったのだろう。それを一言で言い表すのは難しいが、私にはグローカル(glocal)という言葉がストンと胸に落ち
続きを読む
二宮清純「スポーツのツボ」

第144回 体を張った熱血指導が目に浮かぶ(川口能活)

 日本サッカーにおけるGK史は元日本代表・川口能活の出現以前と以降に分けることができる――。私はそう考えている。 川口が出現するまで、日本のGKは「専守防衛」だった。守ってナンボである。 もちろん、G
続きを読む
サッカー

鹿島、ベイルの3発でレアルに敗れる ~FIFAクラブワールドカップ~

 20日、FIFAクラブワールドカップ準決勝の鹿島アントラーズ(アジア王者)対レアル・マドリード(ヨーロッパ王者)の一戦がUAE・ザイードスポーツシティスタジアムで行われ、鹿島は1対3で敗れた。鹿島は
続きを読む
サッカー

川崎F・家長がMVP初受賞! ~Jリーグアウォーズ2018~

 Jリーグアウォーズ2018が18日、横浜アリーナで行われ、各賞が発表された。MVPにはMF家長昭博(川崎フロンターレ)が初めて選ばれた。MVP受賞者が川崎Fから選出されるのは一昨年のMF中村憲剛、昨
続きを読む
サッカー

鹿島、次節はレアルと再戦! ~FIFAクラブワールドカップ~

 15日、FIFAクラブワールドカップ準々決勝の鹿島アントラーズ(アジア王者)対グアダラハラ(北中米カリブ王者)の一戦がUAE・アルアインで行われ、鹿島が3対2で勝利した。鹿島は開始早々に先制を許した
続きを読む
田崎健太「国境なきフットボール」

第203回 前園真聖の苦闘のはじまり ~稲川朝弘Vol.12~

 それまでの順調に口笛を吹きながら歩んできた人間が、ある時期から躓きを繰り返し、坂を下っていくことがある――。 1996年、アトランタオリンピックで日本代表はブラジル代表を破った。そのピッチでキャプテ
続きを読む