ページのトップへ

Tag archives for Jリーグ

田崎健太「国境なきフットボール」

第200回 代理人としての評価 ~稲川朝弘Vol.9~

 1997年のシーズン前、稲川朝弘はブラジル人ミッドフィールダーのリカルジーニョを名古屋グランパスのキャンプが行われているオーストラリアに送った。 この頃から稲川は、Jリーグ各クラブの強化担当者との繋
続きを読む
二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

イニエスタに学ぶ「賢く走る」

「賢く走る」とは何か。 アンドレス・イニエスタを見ていると、それがよくわかる。 決して走っていないわけではなく、かと言って終盤になってもヘトヘトという感じはまったく受けない。動きにメリハリがあり、最後
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

好調名古屋支える“5割増し”レフティー前田

 以前、プロ野球OBの方にうかがって印象に残っている言葉がある。 サウスポーは5キロ増し。 左ピッチャーの投げる直球は、右投げの投手が投げるものよりも時速5キロほど速く感じられるのだという。つまり、サ
続きを読む
大野俊三「ZAGUEIROの眼」

第139回 カタログショッピングでは通用しない

 W杯が終わり、Jリーグが再開して、約1カ月が経過しました。注目はヴィッセル神戸に加入したMFアンドレス・イニエスタ選手でしょう。早くも神戸にとって欠かせない存在となっていますね。 イニエスタがスタメ
続きを読む
二宮清純「スポーツのツボ」

第136回 サッカー少年の夢がやってきた(アンドレス・イニエスタ)

 足を手のように自由自在に操れたら、どれだけ楽しいだろう。サッカーを始めた少年なら、誰もが思うことだ。 だが、これから紹介するアンドレス・イニエスタ(ヴィッセル神戸)は、手でもここまではできないと思え
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

やっぱり凄い“神戸のイニエスタ”

 イニエスタの凄さに驚かされている……と書くと、「何をいまさら!」と憤慨される方がいるかもしれない。凄い実績。凄い年俸。凄くて当たり前ではないか、と。 いや、そう言われてしまえばまさにその通り。という
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

GK育成にはストライカー育成不可欠

 いまから22年前の欧州選手権。スペインとの対決を控えた地元イングランドのタブロイド紙がこんなブラックジョークを1面に掲げていた。「スペインでは美人のことを何というか知っているか? 外国人って言うんだ
続きを読む
松本晋司「愛媛FC、背番号12の視点」

第257回「ひとつに」 ~J2リーグ第23節、四国ダービー~

「勇気や希望を届けたい!」 7月初旬、愛媛県を含め西日本広範囲の地域において豪雨による大きな災害が発生した。河川の氾濫や土砂崩れ、ライフラインの途絶など、予想だにしなかった災害が私たちの故郷を襲った。
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

宴がおわり……逆襲なるか セリエAとG大阪

 W杯が終わり10日がたった。宴の余韻に浸るまもなく、世界各国では新たなシーズンへ向けての動きが激化している。 中でも目を引くのはイタリアの動きである。ここ数年、ポストシーズンの話題はプレミアの上位陣
続きを読む
二宮清純「唯我独論」

第858回 挫折伝説数知れず……「ポイチ」は代表監督にふさわしい

 撮影用にリフティングを依頼すると、カメラマンがシャッターを切る前にボールは床ではねた。「サッカースクールに行くと、ミスをしてよく子供たちに笑われるんですよ」。バツの悪そうな表情を浮かべて、そう答えた
続きを読む