ページのトップへ

二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

「ジリジリ」では打開できなかったチュニジア戦

二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

 流れをつかめないと、いや、意地でも流れをつかもうとしないとこうなってしまうという典型的なゲームであった。 キリンカップ決勝となったパナソニックスタジアム吹田でのチュニジア代表戦は強化試合4連戦の“締
続きを読む
二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

鎌田大地に重なる、12年前の本田圭佑

二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

 ひと味違う鎌田大地がそこにいた。 森保ジャパン4連戦の初戦となるパラグアイ代表戦。ドイツ1部フランクフルトで主力としてEL優勝を果たし、勢いに乗る彼が4-3-3のインサイドハーフでどのような働きを見
続きを読む
二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

“頼れる男”長谷部誠の真骨頂

二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

 緊急出動であっても、38歳のベテランがピッチに立てばチームがビシッと締まる。 この日もそうだった。現地時間5月18日、セビージャのホームスタジアムであるエスタディオ・ラモン・サンチェス・ピスフアンで
続きを読む
二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

右サイドバックの長友佑都の存在感

二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

 新国立競技場になって初のJリーグ開催となったのが4月29日のFC東京とガンバ大阪の一戦。400発以上の花火があり、ピッチ上では炎が上がり、ホーム側のFC東京が試合前にピッチ上で円陣を組むとそこに青赤
続きを読む
二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

ブラジルからのレッスンを肥やしに

二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

 カタールワールドカップまであと7カ月。 11月開幕の今大会は欧州主要リーグの中断後、1週間強で開幕を迎えると考えれば、準備を十分に行うことができないチームがほとんどだと言っていい。ワールドカップに入
続きを読む
二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

カギは初戦のドイツ戦。相手が極めて優位と言える理由とは

二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

 11月21日に開幕するカタールワールドカップの組み合わせ抽選会が行なわれ、日本代表(ポット3)は、スペイン代表(ポット1)、ドイツ代表(ポット2)、コスタリカ代表とニュージーランド代表による大陸間プ
続きを読む
二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

豪州戦の先発メンバーはコンディション重視で

二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

 勝てば7大会連続となるワールドカップ出場が決まり、負ければ一転して3位に転落してプレーオフに回る可能性が高くなる。3月24日にシドニーで行なわれるアウェーのオーストラリア代表戦はまさに森保ジャパン最
続きを読む
二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

40歳、山瀬功治のJ 23年連続ゴールに思うこと

二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

 ベテランらしい技術と駆け引きが詰まったゴールであった。 J3降格に伴って愛媛FCを契約満了になり、今季J2のレノファ山口に完全移籍した山瀬功治が第2節のホーム、ブラウブリッツ秋田戦で初先発した。後半
続きを読む
二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

J開幕。一番の注目株は「アントラーズの40番」

二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

 2022年シーズンのJリーグがいよいよ開幕する。 2年連続で独走優勝を果たしている川崎フロンターレがやはり優勝の大本命だ。勝負にしたたかで、層も厚く、過密日程を乗り越えてきた経験も強みとして持ってい
続きを読む
二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

サウジ撃破。長友佑都が見せた意地

二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

 ベテランの意地を見せつけられた気がした。 2月1日、埼玉スタジアムで行なわれたカタールワールドカップ・アジア最終予選、サウジアラビア代表戦。日本代表がカタールワールドカップに文句なしで出場できる2位
続きを読む