ページのトップへ

二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

東京五輪メンバーからの落選を、ターニングポイントに

二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

「〇〇オリンピック経由、〇〇ワールドカップ行き」という言葉がある。 つまり目標はあくまでその先のワールドカップにあるということ。オリンピックの経験を踏まえてA代表の主力に成長していくことが期待されてい
続きを読む
二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

ACL開幕。川崎F“サブ組”の猛アピールに思うこと

二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

 サッカーファンは毎日、寝不足のことだろう。 熱戦続きのEURO2020に加えて、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)東地区グループステージも開幕。6月29日深夜、筆者はEUROベスト16のイングラン
続きを読む
二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

“アラフォー”川島永嗣の復権はあるか

二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

 森保一監督率いる日本代表は5月28日からの怒涛の5連戦を全勝で乗り切った。“最終戦”となったカタールワールドカップ、アジア2次予選のキルギス戦(6月15日)。筆者が注目したポジションがGKであった。
続きを読む
二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

鎌田大地は気が利く「王様」

二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

 攻撃のタクトをふるうトップ下のポジションはよく「王様」と表現される。 日本代表では長い間、中村俊輔が担い、アルベルト・ザッケローニ監督時代には「本田圭佑と香川真司、どちらがふさわしいか」などとちょっ
続きを読む
二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

成長を呼び込むための10代の起用法

二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

 本日はプロ野球の話題から。 阪神タイガースのプロ2年目“ドラ1ピッチャー”西純矢が5月19日の東京ヤクルトスワローズ戦(甲子園)でプロ初登板初先発してプロ初勝利を挙げた。岡山・創志学園高卒の19歳8
続きを読む
二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

常勝フロンターレを語るに外せない「セットプレー」

二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

 サッカーというスポーツは、先に点を奪ったほうが有利になる。相手を崩して取ろうが、セットプレーで取ろうが「1点」であることに変わりはない。 J1の“首位攻防第2ラウンド”5月4日、等々力競技場で行なわ
続きを読む
二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

東京五輪OA選考は遠藤航に注目

二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

 新型コロナウイルスの“第4波”が襲ってきている今、東京オリンピックが予定どおり開催できるかどうかはいまだ不透明のままである。とはいえ本番に向けてしっかり準備をしておかなくてはならない。 オーバーエイ
続きを読む
二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

熾烈になるサイドバック争い 松原健に感じたA代表への思い

二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

 最後まで集中力を切らさず、闘争心を失わず。 森保ジャパンは3月25日の親善試合、韓国代表戦に3-0と快勝すると、中4日で臨んだカタールワールドカップアジア2次予選、モンゴル戦に14-0という記録的な
続きを読む
二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

「岡崎と由紀彦」が重なる「前田と水沼」

二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

 クロスをピンポイントで合わせる。 ターゲットに大きな動きを求めるとなると、そのハードルは高くなる。体を投げ出すくらいでなければ届かない位置にボールを出し、ターゲットはそれを感じて動き出さなければなら
続きを読む
二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

J開幕 権田修一が見せた“明鏡止水”

二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

 2021年のJリーグ開幕戦全10カードにおいて、サプライズを一つ挙げるとすれば清水エスパルスの逆転勝ちである。昨シーズンは16位と低迷したチームで、開幕戦の相手は優勝候補に挙がる鹿島アントラーズ、そ
続きを読む