ページのトップへ

金子達仁「春夏シュート」

町田・黒田監督が新たに開いた日本特有の道

 高校サッカーの世界で結果を残した指導者がJの世界に身を転じる。過去にもなかったわけではない。ただ、成功と呼べそうな事例はほぼなかった。 なぜか。立場の違いに適応しきれなかったからではないか、というの
続きを読む
田崎健太「国境なきフットボール」

第261回「できる限りオシム監督のもとで」~楽山孝志Vol.14~

 2005年11月5日、ジェフユナイテッド千葉は国立競技場で行われたナビスコカップ決勝で、ガンバ大阪と対戦した。 ジェフの先発はゴールキーパーが立石智紀、ディタフェンダーに結城耕造、イリアン・ストヤノ
続きを読む
松本晋司「愛媛FC、背番号12の視点」

第314回 「トリコロール」 ~夏季限定ユニホームと大旗に込められた思い~

 愛媛FCトップチームは、8月13日に行われた「対 ガイナーレ鳥取戦(第22節)」、8月26日に行われた「対 カマタマーレ讃岐戦(第24節)」、9月9日に行われた「対 アスルクラロ沼津戦(第26節)」
続きを読む
明治安田レポート

第1回 「二宮清純講演ダイジェスト」

「ひとに健康を、まちに元気を。」をコンセプトに、様々な活動を展開している明治安田生命保険相互会社とのタイアップ企画です。当コーナーでは、明治安田生命関連の活動レポートをお届け致します。『スポーツにみる
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

暴徒化するファンにあえてできることは……

 ファンの暴走がチームに打撃を与えた例として、まず思い浮かぶのは、71~72年シーズンの欧州チャンピオンズカップである。 ホームにイタリア王者を迎えたボルシアMGは、立ち上がりから攻撃陣が爆発し、堅守
続きを読む
田崎健太「国境なきフットボール」

第260回「サッカーが楽しくて仕方ない」~楽山孝志Vol.13~

 楽山はプロ1年目、出場6試合で終わった2003年シーズンについて、監督であるイビチャ・オシムが求めるサッカー、ウイングバックというこれまでやったことのなかったポジションを任されたことに戸惑ったと振り
続きを読む
松本晋司「愛媛FC、背番号12の視点」

第313回 「刮目」 ~アウェー岐阜戦のPVイベント~

 7月の公式戦を終え(第20節終了時点)、J3にて首位をひた走る愛媛FCトップチーム。 8月5日(土)には第21節が行われ、アウェーの地にてFC岐阜と対戦。この試合を地元(愛媛)からも応援しようと、ま
続きを読む
田崎健太「国境なきフットボール」

第259回「サッカーメモを取り続けた日々」~楽山孝志Vol.12~

 楽山孝志にとってプロ1年目、2003年セのカンドステージでベンチ入りしたのは、第7節9月23日の浦和レッズ戦のみ。この試合で出場機会は訪れなかった。シーズンを通して、リーグ戦1試合、ナビスコカップ(
続きを読む
松本晋司「愛媛FC、背番号12の視点」

第312回 「少年」 ~小学生年代のチーム~

 子どもたちにとって待望の夏休みがやって来た! 愛媛FCのホームゲームが行われるニンジニアスタジアムでも子どもたちの元気な声が木霊するこの時節。トップチームの試合前には、愛媛FCのスクール生たち(小学
続きを読む
田崎健太「国境なきフットボール」

第258回「純粋にサッカーを楽しめる」~楽山孝志Vol.11~

 2003年シーズン、イビチャ・オシム監督が率いるジェフユナイテッド市原(現ジェフユナイテッド市原・千葉)の公式戦は、3月15日に市原臨海競技場で行われたヤマザキナビスコ杯(現YBCルヴァン杯)、セレ
続きを読む