ページのトップへ

Tag archives for パラリンピック

挑戦者たち〜二宮清純の視点〜

齋田悟司(車いすテニス)第3回「”5年計画”で掴んだ金メダル」

伊藤 1999年に練習拠点を千葉県柏市に移し、翌年のシドニーパラリンピックで2度目の出場を果たしました。齋田: 当然、シドニーでは結果を残したい気持ちもありましたが、99年に新たにスタートした時はすで
続きを読む
挑戦者たち〜二宮清純の視点〜

齋田悟司(車いすテニス)第2回「世界を目指すきっかけとなった敗戦」

伊藤: 車いすテニスを始める前は車いすバスケットボールをプレーしていたとお伺いしました。齋田: はい。今44歳なんですが、車いすバスケをやっていたのはもう30年も前になりますね。小学生の頃は野球をやっ
続きを読む
挑戦者たち〜二宮清純の視点〜

齋田悟司(車いすテニス)第1回「8年ぶりのメダルで手にしたもの」

 44歳のベテラン齋田悟司選手は、リオデジャネイロパラリンピックの車いすテニス男子ダブルスで国枝慎吾選手とのペアで8年ぶりの銅メダルを掴んだ。これまでパラリンピック6大会連続で出場し、2004年アテネ
続きを読む
五輪・パラリンピック

見直し検討の2会場が決定 ~四者協議~

(写真:四者協議の進行役を務めたIOCのコーツ副会長<右>) 29日、国際パラリンピック委員会(IOC)、東京オリンピック・パラリンピック組織員会、東京都、政府の代表による四者協議が都内のホテルで行
続きを読む
挑戦者たち〜二宮清純の視点〜

山田拓朗(パラ水泳)第3回「金メダルゼロからの出発」

二宮: リオデジャネイロパラリンピックで日本の金メダル獲得数はゼロという結果に終わりました。以前は河合純一さんや成田真由美さんが1大会で複数の金メダルを獲得していました。過去に比べると、日本勢がトップ
続きを読む
挑戦者たち〜二宮清純の視点〜

山田拓朗(パラ水泳)第2回「3度のパラリンピック出場で学んだこと」

二宮: 水泳を始めたのは3歳からだとお聞きしました。どんなきっかけで始めたのでしょう?山田: 元々、僕は水をすごく怖がっていたみたいで、「それではダメだ」と両親がスイミングスクールに連れて行ったそうな
続きを読む
二宮清純「唯我独論」

第769回 2020年ヘ視覚障がい者への安全対策急務

 視覚障がい者の転落事故を防ぐため、駅の安全強化を進めるべきだとの記事を書いたのは、今年2月のことだ。 その際、社会福祉法人日本盲人会連合が2011年2月に実施したアンケート調査を引き、約37%の92
続きを読む
伊藤数子「パラスポーツの現場から」

第73回 共生社会へ向けて4者協定を結びました。~広島大学・広島県・広島県障害者スポーツ協会・STANDの協定締結~

 10月6日、広島大学、広島県、広島県障害者スポーツ協会、そしてNPO法人STANDは、パラスポーツを通して共生社会を目指すための4者協定を締結しました。きっかけは、今年1月に設立された「広島県障害者
続きを読む
二宮清純「唯我独論」

第767回 「復興五輪」東京選出の方便では困る

 終戦から19年後の1964年に開催された東京五輪は「戦後復興」のシンボルでもあった。大会の成功により、日本は名実ともに国際社会への復帰を果たす。 2020年に開催される東京五輪・パラリンピックの大義
続きを読む
伊藤数子「パラスポーツの現場から」

第72回 日本、わたしたちのパラリンピックへ向けて

 リオで開催されたパラリンピックに行ってきました。閉会式に参加していると、いよいよ4年後は自分たちの国に来ることが、実感として湧いてきました。 今回のリオパラリンピックで最もメダルを多く獲得したのは中
続きを読む