ページのトップへ

二宮清純「プロ野球の時間」

第779回 今年の流行語大賞は「アレ」か!?

二宮清純「プロ野球の時間」(第1、3火曜更新)

 今年の「ユーキャン新語・流行語大賞」の候補に、18年ぶりのリーグ優勝、38年ぶりの日本一を達成した阪神・岡田彰布監督の口ぐせである「アレ(A.R.E.)」がノミネートされた。優勝の隠語だ。<この原稿
続きを読む
二宮清純「プロ野球の時間」

第778回 ノムさん「捕手は頭脳労働者」

二宮清純「プロ野球の時間」(第1、3火曜更新)

 知将・野村克也が「生涯一捕手」を座右の銘としたのは、23年間在籍した南海を退団し、金田正一率いるロッテに移籍する時である。<この原稿は2023年11月13日号『週刊大衆』に掲載されたものです> 師と
続きを読む
二宮清純「プロ野球の時間」

第777回 阪急黄金時代秘話 名人と職人の衝突

二宮清純「プロ野球の時間」(第1、3火曜更新)

 オリックスがリーグ3連覇を達成したことで、あらためて前身の阪急の強さにスポットライトが当たっている。<この原稿は2023年10月20日号『週刊漫画ゴラク』に掲載されたものです> 阪急がリーグ4連覇を
続きを読む
二宮清純「プロ野球の時間」

第776回 岡田阪神、“大人の野球”でV達成

二宮清純「プロ野球の時間」(第1、3火曜更新)

「若いチームが成長し、自分がどういう役割を果たさないといけないのかを、選手が分かるようになった。こういうところまで持ってこられたのは、監督のお力です」<この原稿は2023年9月15日-10月2日合併号
続きを読む
二宮清純「プロ野球の時間」

第775回 野球部は部員不足 少子化と用具高騰

二宮清純「プロ野球の時間」(第1、3火曜更新)

 甲子園の盛り上がりをよそに、高校野球人口は減少の一途をたどっている。高野連の調査によると、今年5月末時点での硬式部員数は、昨年から2902人減の12万8357人。これで9年連続の減少となった。言うま
続きを読む
二宮清純「プロ野球の時間」

第774回 金田正一に「カネムラさん」の抱腹

二宮清純「プロ野球の時間」(第1、3火曜更新)

 ジャイアント馬場が生前、ある民放テレビ局に足を運んだ時のことだ。<この原稿は2023年9月4日号『週刊大衆』に掲載されたものです> 受付で、軽く手を挙げ、入館しようとすると、受付嬢に呼び止められてし
続きを読む
二宮清純「プロ野球の時間」

第773回 敬遠四球にミスター“無言の抗議”

二宮清純「プロ野球の時間」(第1、3火曜更新)

 メジャーリーグで申告敬遠制度が導入されたのは2017年からだ。試合時間の短縮が最大の目的だった。日本のプロ野球も1年遅れの18年、同じ制度を導入した。<この原稿は2023年8月14日号『週刊大衆』に
続きを読む
二宮清純「プロ野球の時間」

第772回 甲子園、怪物たちの「世代」

二宮清純「プロ野球の時間」(第1、3火曜更新)

 プロ野球の世界で“~世代”という呼び名が定着したのは松坂大輔が最初だろう。<この原稿は2023年8月7日号『週刊大衆』に掲載されたものです> 言うまでもなく、1998年の春・夏の甲子園を制した横浜高
続きを読む
二宮清純「プロ野球の時間」

第771回 杉下茂、「消える魔球」の正体

二宮清純「プロ野球の時間」(第1、3火曜更新)

 視界から「消える」のだから「魔球」以外の何物でもない。さる6月12日、97歳で大往生を遂げた杉下茂さん(中日など)は、日本で初めて「魔球」を投げた投手として知られる。<この原稿は2023年7月17日
続きを読む
二宮清純「プロ野球の時間」

第770回 村上宗隆、スランプ脱出法

二宮清純「プロ野球の時間」(第1、3火曜更新)

 スワローズが本拠とする神宮球場の右翼席中段に、<56th HOME RUN>と刻まれたモニュメントが設置された。<この原稿は2023年7月10日号『週刊大衆』に掲載されたものです> 言うまでもなく昨
続きを読む