ページのトップへ

野球

侍ジャパン、東京五輪出場内定選手発表

 16日、東京五輪に出場する野球日本代表「侍ジャパン」の出場内定選手が発表された。稲葉篤紀監督が選んだのは投手11人、野手13人の計24選手。稲葉監督は「今の時点でベストのメンバーを選んだ。就任当初か
続きを読む
二宮清純「唯我独論」

第1005回 五輪“利用”し促進された中国の人権侵害

 中国政府とIOCの“危険な蜜月”については、小欄でも、たびたび指摘してきた。五輪憲章は「人種」「言語」「宗教」はじめ、「いかなる差別」も禁じている。ならば中国政府のウイグル族や香港の民主化勢力に対す
続きを読む
スポーツ全般/ノンジャンル

日本郵政G廣中&ワコール安藤が東京五輪内定 男子はHonda伊藤が初Vで切符獲得! ~日本陸上競技選手権~

 3日、東京オリンピックの日本代表選考兼ねた第105回日本陸上競技選手権大会男女1万mが静岡・エコパスタジアムで行われた。女子は廣中璃梨佳(日本郵政グループ)が31分11秒75で初優勝。2位は6秒43
続きを読む
二宮清純「ノンフィクション・シアター・傑作選」

「無念無想の一本背負い」古賀稔彦<後編>

――ところで、柔道の高段者になると、組んだだけで瞬間に相手の実力が測れる、とよく言われます。古賀さんほどの達人になると、皮膚が触れただけでも分かるんじゃないですか。古賀稔彦: 皮膚が触れたというのはと
続きを読む
スポーツ全般/ノンジャンル

柔道五輪金メダリスト・古賀稔彦氏が死去

 24日、1992年バルセロナオリンピック柔道男子71キロ級金メダリストで、「平成の三四郎」の異名をとった古賀稔彦氏が死去した。53歳だった。女子柔道の指導者としても、アテネ、北京と2大会連続でオリン
続きを読む
告知

二宮清純最新刊『歓喜と絶望のオリンピック名勝負物語』発売中!

 当HP編集長・二宮清純の新刊『歓喜と絶望のオリンピック名勝負物語』が発売中です。夏冬合わせて計8度のオリンピックを現地取材した筆者が瀬古利彦、鈴木大地、原田雅彦、谷亮子、古賀稔彦、高橋尚子らの肉声を
続きを読む
二宮清純「唯我独論」

第945回 IOCに求められる「犠牲」と「妥協」

 古代五輪が全知全能を司るゼウス神に捧げる宗教的儀式だったとしても、それはいにしえの話だ。よもやIOCがヘレニズムの加持祈祷を新型コロナウイルスとの闘いに結びつける愚を犯すことはあるまいが、このところ
続きを読む
スポーツ全般/ノンジャンル

女子・伊藤ふたば、3年ぶり2回目の優勝 男子は原田が初V ~ボルダリングジャパンカップ~

(写真:BJCを制した原田<左>と伊藤) 9日、第15回ボルダリングジャパンカップ(BJC)最終日が東京・駒沢室内球技場で行われた。女子は伊藤ふたば(TEAM au)が決勝4課題中3完登で3年ぶり2
続きを読む
二宮清純「スポーツのツボ」

第170回 メダル至上主義 五輪の「光と影」

 オリンピックイヤーが幕を明けた。今年7月24日から8月9日にかけて東京五輪が開催される。 JOCは金メダル獲得目標を30個に設定し、獲得数で世界3位を目指す、としている。 4年前のリオデジャネイロ五
続きを読む
12