ページのトップへ

FORZA SHIKOKU

中野小次郎(法政大学サッカー部/徳島県徳島市出身)第1回「逸材にとっての大事な1年」

 サッカーにおいてGKというポジションは特殊である。11人の中で唯一、手を使うことが許される。ミスが失点に直結するポジションであると同時にチームの窮地を救うこともできるのがGKだ。「守護神」と呼ばれ、
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

熱なき森保監督 指導者なれど指揮官たりえず

 元スペイン代表のセスク・ファブレガスがスペイン紙「マルカ」で語った現代フットボール論がちょっとした論争を生んでいる。 長いインタビューをものすごくザックリ要約させてもらうと、「現代のサッカーは味気な
続きを読む
大野俊三「ZAGUEIROの眼」

第180回 豪州戦の1点目は「あぁ、鬼木だな」

 サッカー日本代表が7大会連続7度目となるワールドカップ出場を決定しました。オーストラリア戦は2対0、ベトナム戦は1対1という結果は既に皆さんもご存じかと思います。今回は「オートマチックなかたちの構築
続きを読む
サッカー日本代表ニュース

格下・ベトナムにドロー ~カタールワールドカップアジア最終予選~

 サッカーカタールワールドカップアジア最終予選・最終節の日本代表対ベトナム代表戦が29日、埼玉スタジアムで行われ、1対1の引き分けに終わった。試合は前半19分にベトナムのDFグエン・タイン・ビンに左コ
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

「地上波放送なし」を補って余りある森保ジャパンの勝利

 行くか、行かないか。 行かないのではないか、とわたしは思っていた。先発メンバーに浅野の名前が記されたと聞いて、なおさらそう思った。FWとしての能力に期待するというより、前線から猛烈なチェイスをかける
続きを読む
サッカー日本代表ニュース

日本、三笘の2得点で7大会連続のW杯出場決定 ~カタールW杯アジア最終予選~

 サッカー日本代表は24日、カタールワールドカップアジア最終予選・第9節でオーストラリア代表と対戦し、2対0で勝利した。これにより日本はグループBの2位以上を確定させ、最終節・ベトナム代表戦(埼玉スタ
続きを読む
二宮清純「スポーツのツボ」

第221回 代表限界説を払拭する35歳の魅力とは(長友佑都)

 7大会連続となるサッカーW杯出場を目指す森保ジャパン。2月1日、埼玉スタジアム。グループBの首位を走るサウジアラビアを2対0で撃破して、トンネルの先の光が大きく見えるようになってきた。 参考までに3
続きを読む
二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

豪州戦の先発メンバーはコンディション重視で

 勝てば7大会連続となるワールドカップ出場が決まり、負ければ一転して3位に転落してプレーオフに回る可能性が高くなる。3月24日にシドニーで行なわれるアウェーのオーストラリア代表戦はまさに森保ジャパン最
続きを読む
サッカー日本代表ニュース

森保J、大一番・豪州戦に27人招集 ~カタールW杯アジア最終予選~

 日本サッカー協会は16日、カタールW杯アジア最終予選のオーストラリア代表戦(アウェイ、24日)とベトナム代表戦(埼玉スタジアム、29日)のメンバー27名を発表した。日本はオーストラリア戦で勝利すれば
続きを読む
田崎健太「国境なきフットボール」

第242回 オシムに愛された男 ~要田勇一Vol.28~

 2005年7月9日夜、要田勇一の弟・章が静岡の寿司屋「七八」までぼくを迎えに来てくれた。そこで要田が決勝点をあげたことを知った。ぼくたちは店のテレビをつけて、スポーツニュースを見ることにした。 ジェ
続きを読む