ページのトップへ

金子達仁「春夏シュート」

大谷、朗希の存在が他競技でも「自信」を生む

 大谷翔平は、サッカー界におけるペレのような存在だと勝手に思っている。100年に1度、何の前触れもなく、唐突に現れる不世出の存在。国籍や肌の色、文化の違いを超え、そのスポーツを愛する全世界の人々から畏
続きを読む
二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

ブラジルからのレッスンを肥やしに

 カタールワールドカップまであと7カ月。 11月開幕の今大会は欧州主要リーグの中断後、1週間強で開幕を迎えると考えれば、準備を十分に行うことができないチームがほとんどだと言っていい。ワールドカップに入
続きを読む
FORZA SHIKOKU

中野小次郎(法政大学サッカー部/徳島県徳島市出身)第3回「遊びから始まったGK人生」

 法政大学サッカー部所属のGK中野小次郎は小学2年生の時に地元サッカーチームのUSFCに入団した。当初はフィールドプレーヤーだったが、実力はさほどだった、という。中野は3月の早生まれだ。そのことも関係
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

バイエルン敗北が意味する独の国際競争力低下

 かたや「FCハリウッド」と呼ばれたこともある世界的なビッグクラブ。かたや人口わずか5万人、日本で言うなら福岡県田川市とほぼ同程度の街を本拠地とするスモールクラブ。試合を迎えるにあたって、目利きの揃っ
続きを読む
二宮清純「ノンフィクション・シアター・傑作選」

トリックプレーのブラッシュアップも一考

 カタールワールドカップで日本はドイツ、スペイン、大陸間プレーオフ(コスタリカ-ニュージーランド)の勝者と同組のグループE組に入った。非常に厳しい組と言わざるを得ない。強豪相手から勝ち点1でも披露ため
続きを読む
FORZA SHIKOKU

中野小次郎(法政大学サッカー部/徳島県徳島市出身)第2回「見た目は子供、頭脳は大人!? の少年時代」

 法政大学サッカー部のGK中野小次郎は非常に落ち着きのある青年だ。昨年暮れにインタビューを行った際、淡々とクールに過去を振り返ってくれた。ただその言葉の端々には温かみがあり、彼の優しさがにじみ出ていた
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

日本倒した“オマーン流”で独撃破を

 全国大会の常連校と当たることが決まった。戦う前から、もう負けたような気分になってしまう。 強豪ではあるが、全国には行ったことのないチームとぶつかることになった。戦う前から負けたような気分、にはならな
続きを読む
田崎健太「国境なきフットボール」

第243回 オシムに愛された男 ~要田勇一Vol.29~

 2006年シーズン、ジェフユナイテッド市原・千葉の初戦の相手は大宮アルディージャだった。 両チーム合わせてイエローカードが6枚という荒れた試合になった。ジェフの心臓とも言える佐藤勇人が2枚のカードで
続きを読む
二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

カギは初戦のドイツ戦。相手が極めて優位と言える理由とは

 11月21日に開幕するカタールワールドカップの組み合わせ抽選会が行なわれ、日本代表(ポット3)は、スペイン代表(ポット1)、ドイツ代表(ポット2)、コスタリカ代表とニュージーランド代表による大陸間プ
続きを読む
松本晋司「愛媛FC、背番号12の視点」

第296回 「PE」 ~愛媛FC2022キックオフフェスタ~

(写真:松山市民会館<中ホール>に伊豫魂幕を掲出) 2月23日(水・祝)、新シーズンの到来を告げる「愛媛FCキックオフフェスタ」が開催された。同フェスタは毎年行われている恒例行事なのだが、昨年は新型
続きを読む