ページのトップへ

二宮清純「ノンフィクション・シアター・傑作選」

「無念無想の一本背負い」古賀稔彦<後編>

――ところで、柔道の高段者になると、組んだだけで瞬間に相手の実力が測れる、とよく言われます。古賀さんほどの達人になると、皮膚が触れただけでも分かるんじゃないですか。古賀稔彦: 皮膚が触れたというのはと
続きを読む
二宮清純「唯我独論」

古賀稔彦追悼文 「天才」から名コーチに進化 その先が見たかった~二宮清純特別寄稿~

 名選手、名伯楽に非ず――。スポーツの世界における常套句だ。24日、ガンにより53歳で他界した古賀稔彦さんは、とびっきりの名選手にして比類なき名伯楽だった。 現役時代については説明の必要もあるまい。兄
続きを読む
二宮清純「ノンフィクション・シアター・傑作選」

「無念無想の一本背負い」古賀稔彦<前編>

 バルセロナ五輪・柔道の金メダリスト、古賀稔彦氏が24日朝、亡くなった。53歳だった。関係者によるとがんのため闘病中だった。古賀氏のハイライトと言えば、1992年のバルセロナ五輪だ。試合の10日前に左
続きを読む
スポーツ全般/ノンジャンル

柔道五輪金メダリスト・古賀稔彦氏が死去

 24日、1992年バルセロナオリンピック柔道男子71キロ級金メダリストで、「平成の三四郎」の異名をとった古賀稔彦氏が死去した。53歳だった。女子柔道の指導者としても、アテネ、北京と2大会連続でオリン
続きを読む
スポーツ全般/ノンジャンル

柔道66kg級・阿部一二三、死闘制し東京五輪内定

 13日、柔道の男子66kg級東京オリンピック代表決定戦が東京・講道館で行われ、阿部一二三(日本体育大学)が丸山誠志郎(ミキハウス)を延長戦の末に下した。同階級は男女14階級で唯一、東京オリンピック日
続きを読む
アナザーアングル

「stand up judo」リオ五輪メダリスト羽賀龍之介&山部佳苗、後輩たちへの伝言

(写真:1965年以降は日本武道館で開催。今年は広島で開催予定だった ⓒBS11) 1952年にスタートし、大学団体日本一をかけて争われる「全日本学生柔道優勝大会」の2020年大会(男子第69回、女
続きを読む
FORZA SHIKOKU

立川桃(東海大学柔道部/愛媛県四国中央市出身)最終回「変化が楽しみな柔道家の未来」

(写真:立川<右下>ら全日本学生柔道大会の優勝メンバー) 立川桃は愛媛県の柔道強豪校・新田高校に入学し、柔道家として力をつけていった。朝練習でのインターバルトレーニング、レベルの高い先輩や同級生と乱
続きを読む
FORZA SHIKOKU

立川桃(東海大学柔道部/愛媛県四国中央市出身)第3回「勝利の味と相手との駆け引き」

 立川桃は、愛媛の地ですくすくと育った。体を動かすことが大好きな少女は、体育祭でも目立つ存在だった。満面の笑みを浮かべながら、中学時代の思い出を語ってくれた。「中学の体育祭はよく覚えています。3年生だ
続きを読む
FORZA SHIKOKU

立川桃(東海大学柔道部/愛媛県四国中央市出身)第2回「懸命に背中を追ったあの日」

 東海大学柔道部1年生の立川桃は、大人しい子だった。父・昭宏は「桃は幼稚園の時は人見知りする子でした。人の後ろにサッと隠れてしまうような子でしたよ」と語った。 大人しい少女は姉と兄の影響で柔道を習い始
続きを読む
FORZA SHIKOKU

立川桃(東海大学柔道部/愛媛県四国中央市出身)第1回「型にはまらぬ無限の可能性」

 ルーキーながら、快進撃を続けている柔道家がいる。今春、東海大学に入学した立川桃だ。同大柔道部の門を叩いてからの立川の戦績を紹介したい。 9月14日、全日本ジュニア柔道体重別選手権で、女子63キロ級で
続きを読む