ページのトップへ

格闘技

公開練習でも“メイウェザー劇場” ~RIZIN~

 22日、格闘技イベント『超RIZIN』(25日、さいたまスーパーアリーナ)のエキシビションマッチに参戦するボクシング世界5階級制覇のフロイド・メイウェザー(アメリカ)が3日後の一戦に向け、都内のフィ
続きを読む
近藤隆夫「INSIDE格闘技」

第271回 武尊が返上したS・フェザー級のベルトを腰に巻くのは? 9・11横浜『K-1 WORLD GP』展望─

(写真:来日後、大会に向けた練習を公開したナックロップ ⓒK-1) 6・19東京ドーム『THE MATCH 2022』那須川天心vs.武尊を終えて、立ち技格闘技界の一時代に幕が下りた。 そしていま、
続きを読む
二宮清純「唯我独論」

第1070回 国際プロレスは「ビルの谷間のラーメン屋」だった

 これは名言なのか、それとも迷言か。「オレはビルの谷間のラーメン屋」。自らの境遇を嘆き、自嘲気味にそう語った政治家がいる。首相になる前の小渕恵三である。 群馬県内の同じ選挙区には首相経験者の福田赳夫と
続きを読む
近藤隆夫「INSIDE格闘技」

第270回 “カズジュニア”三浦孝太がラジャダムナンのリングに─。「ブアカーオとの対峙は、試合ではなく公開練習」

(写真:会見で記者の質問に答える宮田代表<左>と三浦) 珍しい発表内容の記者会見が、8月10日夕刻、東京・世田谷BRAVEで開かれた。出席したのはBRAVE宮田和幸代表と、同ジム所属の三浦孝太。 昨
続きを読む
二宮清純「スポーツのツボ」

第230回 武尊の重い告白「苦しさと恐怖」

 那須川天心との“世紀の一戦”に敗れたK-1のエース武尊は、6月27日、都内で記者会見を開き、しばらく休養することを発表した。 会見では数年前に精神科で「パニック障害」「うつ病」と診断され、治療を受け
続きを読む
二宮清純「ノンフィクション・シアター・傑作選」

「過去」は変えられる。だから「今」を勝つ!(井岡一翔)<後編>

二宮清純: 中学校時代にボクシングを始めてから、辞めようと思ったことはないですか?井岡一翔: それはないですね。<この原稿は『第三文明』2012年10月号に掲載されたものです>二宮: ボクシング以上に
続きを読む
二宮清純「スポーツのツボ」

第229回 混迷の時代に必要な“猪木イズム”

 さる6月26日は「世界格闘技の日」だった。今から46年前の1976年6月26日、東京・日本武道館でアントニオ猪木対モハメド・アリの「格闘技世界一決定戦」が行われた。結果は引き分けだったが、見ていてあ
続きを読む
FORZA SHIKOKU

大谷翔司(スクランブル渋谷/愛媛県北宇和郡松野町出身)最終回「諦めない“ライト級最強”への道」

 15勝8敗3分け――。これが7月25日時点での大谷翔司(スクランブル渋谷)の戦績だ。スター街道を歩む者たちと比べれば、輝かしい記録とは言えないかもしれない。勝ち越してはいるものの、この道程は8度の負
続きを読む
FORZA SHIKOKU

大谷翔司(スクランブル渋谷/愛媛県北宇和郡松野町出身)第3回「東京で一花咲かす」

 自衛隊での生活も板についてきた2014年、大谷翔司は一大決心をする。身体を動かすことが好きで、好きな格闘技もできる。理想の職場を捨ててまで挑戦したいものとは――。「自衛隊に不満があったわけではありま
続きを読む