ボクシング

第292回 7・28『超RIZIN.3』でマニー・パッキャオvs.鈴木千裕! だがその前に大きなハードル

 プロボクシング6階級制覇王者マニー・パッキャオ(フィリピン)が、ついに「RIZIN」のリングに登場する。7月28日、さいたまスーパーアリーナ『超RIZIN.3』で鈴木千裕(クロスポイント吉祥寺)と対戦することが決定した […]

パッキャオvs.鈴木千裕 パッキャオ「ボクシング学ばせる」鈴木「MMAを学んでもらう」 ~RIZIN~

 10日、格闘技団体『RIZIN』が都内ホテルで会見を行い、前日に電撃発表となった『超RIZIN.3』(7月28日、さいたまスーパーアリーナ)で対戦するボクシング世界6階級制覇のマニー・パッキャオ(フィリピン)と、RIZ […]

Sバンタム級4団体統一王者・井上尚弥、東京ドームで“悪童”退治完遂 〜ボクシング世界戦〜

 6日、ボクシングのクアドラプル世界戦が東京ドームで行われた。WBC&WBA&WBO&IBF世界スーパーバンタム級4団体統一王者の井上尚弥(大橋)がWBC同級1位のルイス・ネリ(メキシコ)を6ラウンド1分22秒TKOで下 […]

バンタム級・西田凌佑、初の世界戦でIBF王座奪取 〜ボクシング世界戦〜

 ボクシングのIBF世界バンタム級タイトルマッチが4日、エディアリーナ大阪で行われ、同級1位の西田凌佑(六島)が王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を判定で破り、王座奪取に成功した。西田はプロ通算9戦目、初の世界戦 […]

重岡兄弟明暗 弟・銀仁朗KO防衛、兄・優大は判定負け ~ボクシング世界戦~

 31日、ボクシングのダブル世界戦が名古屋国際会議場で行われた。IBF世界ミニマム級タイトルマッチは王者の重岡銀仁朗(ワタナベ)が同級6位のジェイク・アンパロ(フィリピン)を2ラウンド1分15秒KO勝ち。2度目の防衛に成 […]

第289回 5・6東京ドーム決戦は、井上尚弥vs.ルイス・ネリ、井上拓真vs.石田匠ほか豪華な「4大世界タイトルマッチ」に!

「東京ドームで(プロボクシングの興行が)行われるのはタイソン以来と言うことで凄くモチベーションが高い。ルイス・ネリ戦は、気を引き締めねばならない闘いだと思う。過去一(これまでで最高の状態)に仕上げます」(井上尚弥)「再び […]

それぞれのCHANGE バンタム中谷&Sフライ田中が王座奪取 バンタム井上拓真はWBA初防衛 〜ボクシング世界戦〜

 24日、ボクシングのトリプル世界戦が行われた。バンタム級初戦でWBC王座に挑戦した中谷潤人(M.T)は6ラウンドTKO。WBOスーパーフライ王座決定戦に臨んだ田中恒成(畑中)は判定勝ち。中谷はフライ級、スーパーフライ級 […]

「大谷翔平と井上尚弥」<前編>

二宮清純: 金子さんにも参加してもらった2016年の「モハメド・アリを語ろう」は大好評でした。今回は国内外で活躍する日本人アスリートを中心に語り合いたいと思います。金子達仁: お久しぶりです。あの企画はもう8年前ですか。 […]

ボクシングは自分にとって唯一没頭できる宝もの ~中谷潤人インタビュー~

 相手を圧倒する強さから2階級4団体統一王者の井上尚弥にならって、「ネクストモンスター」と称される中谷潤人。3階級制覇を懸けた大一番を前に、当HP編集長・二宮清純がその胸中に迫る。 二宮清純: WBC世界バンタ […]

Lフライ級2団体統一王者・寺地、カニサレスとの激闘制す 阿久井はWBAフライ級王座奪取 ~ボクシング世界戦~

 23日、ボクシングのダブル世界戦がエディオンアリーナ大阪で行われた。WBC・WBA世界ライトフライ級タイトルマッチは王者の寺地拳四朗(BMB)がWBA同級1位・WBC同級2位カルロス・カニサレス(ベネズエラ)に判定勝ち […]

第287回 那須川天心、ボクシング3戦目迫る!「『KOする詐欺』はやめる」の意味─。

「次が3戦目で環境に慣れてきたし、(前戦で傷めた)左手も治り調子はいい。今回は、みんなが見たことのない闘い方で魅せられると思う」  1月10日、東京・新宿区にある帝拳ジムで公開練習を行う直前に那須川天心は、そう […]

村松竜二(ブラインドボクシング®協代表理事)<後編>「いずれはパラリンピックに」

伊藤数子: ブラインドボクシングはアイマスクやアイシェードを装着し、鈴を付けた相手役に向かってパンチを打ち込み、その際のフットワークやパンチの有効性、コンビネーションなどを採点する競技です。プロボクサーや元プロボクサーが […]

村松竜二(ブラインドボクシング®協代表理事)<前編>「失ったものを数えるな」

 日本発祥のパラスポーツ「ブラインドボクシング」とは、パンチを打ち込む選手全員がアイマスクまたはアイシェードを装着し、視覚障がいの有無に関わらずボクシングを楽しむことができる競技である。このブラインドボクシングの普及に努 […]

第284回「世界5階級制覇」を果たした女子ボクシング界のレジェンド、藤岡奈穂子の華やかな引退式

 日本女子ボクシングが初めて注目を浴びたのは、1997年だったと記憶している。 元キックボクサーのシュガーみゆき(白龍)が日本人として初めての世界王座を獲得した時だ。まだ女子のボクシングが認知されていなかった時代、賛否の […]

Back to TOP TOP