ページのトップへ

二宮清純「プロ野球の時間」

第699回 米国の国民的娯楽 MLBに分断の芽

 新型コロナウイルスの感染拡大が最も深刻なのは米国だ。 日本時間5月20日午前現在、死者数は9万1800人を超え、感染者数は約150万人。ドナルド・トランプ大統領は「真珠湾攻撃よりも、世界貿易センター
続きを読む
二宮清純「唯我独論」

第953回 トルネードのように 白球よ空気を変えろ

 公正中立が求められる取材者にも思い入れの強い選手はいる。私にとって実質的なMLBのパイオニアである野茂英雄は、そんな選手の代表格だ。彼の前に道はなかった。彼が分け入った獣道が、やがてアスファルトを敷
続きを読む
二宮清純「唯我独論」

第951回 MLB“232日間の教訓” 無駄にしないで

 MLBにとってサラリーキャップはトラブルの種である。開幕に向け、コロナで大打撃を受けた経営者側から事実上のサラリーキャップとも言える「総収入折半」案が浮上しているが、やぶへびになりかねない。 周知の
続きを読む
二宮清純「プロ野球の時間」

第674回 曲がり角のMLB イチローの出番!

 現役を3月に引退したイチローが、マリナーズのインストラクターに就任した。 スポニチ紙(5月2日付け)の報道によると、打撃、外野守備、走塁を担当する他、3Aタコマでも指導にあたるという。 東京での引退
続きを読む
二宮清純「ノンフィクション・シアター・傑作選」

MVPイチロー、オンリーワンの野球哲学<後編>

 イチローの魅力はバッティングだけではない。守備でもセンセーションを巻き起こした。<この原稿は『東海総研MANAGEMENT』(東海総研研究所)2002年1月号に掲載されたものです> メジャーリーグに
続きを読む
二宮清純「唯我独論」

第892回「新元号一号」国民栄誉賞こそイチローの価値見合う

 春分の日に現役引退を発表したイチローは、これまで2回、国民栄誉賞の打診を辞退している。最初は01年だ。この年、イチローのMLBのルーキーとして新人王、MVP、首位打者などに輝いている。辞退の理由は「
続きを読む
二宮清純「ノンフィクション・シアター・傑作選」

MVPイチロー、オンリーワンの野球哲学<前編>

 マリナーズのイチローは2012年以来、7年ぶりにメジャーリーグの開幕を日本で迎える。20日、21日に東京ドームでアスレチックスと戦う。稀代のヒットメーカーはベンチ入りが決定しており、スコット・サービ
続きを読む
二宮清純「プロ野球の時間」

第664回 大谷翔平、新人王は「物語」の始まり

 ツーウェイ・プレイヤー(二刀流)の衝撃の大きさが投票結果に表れている。  MLBア・リーグの新人王に大谷翔平(エンゼルス)が選ばれた。当初はヤンキースの内野手ミゲル・アンドゥハーと接戦になると見られ
続きを読む
二宮清純「唯我独論」

第874回 新人王エンゼルス大谷のスピーチが楽しみ

 ご同慶の至りと言いたいところだが、それほど驚くべきことでもなさそうだ。彼の実力と日本での実績をもってすれば、この勲章はあらかじめ約束されたものだったように思える。 エンゼルスのツーウェイ・プレイヤー
続きを読む