ページのトップへ

鈴木康友「プロ野球セオリー&メモリー」

第57回 カープの背番号「90」が可愛く見える

 やっとペナントレースが始まったと思いきや、もう週明けにはセ・パ交流戦がスタートします。今月は、ジャイアンツ期待の若手のこと、さらには記録員や広島カープのコーチについて語りましょう。それでは、球論にお
続きを読む
鈴木康友「プロ野球セオリー&メモリー」

第56回 阪神・植田の“神走塁”はお見事!

 ドジャースの大谷翔平をはじめ、メジャーリーグ(MLB)と日本のプロ野球の観戦と、野球ファンは大忙しなのではないでしょうか。かく言う私も、チェックに余念がありません。さて、今月はメジャーとプロ野球の違
続きを読む
鈴木康友「プロ野球セオリー&メモリー」

第55回 打者専念の大谷、“リードの取り方”に変化あり

 今月は韓国のソウルでドジャース対パドレスの開幕戦を含む、2試合が行なわれました。うれしいことにこの2試合には多くのアジア人が出場しました。彼らの出来を振り返りましょう。 存在感抜群のダルビッシュ パ
続きを読む
鈴木康友「プロ野球セオリー&メモリー」

第54回 ”そのやさしさ”が未来を切り拓いた

 来月に高校野球・春のセンバツが始まります。球児たちがどんなプレーを見せてくれるか今から楽しみです。今月は私が出場した中でも印象に残っている1977年春のセンバツについて論じましょう。 77年のセンバ
続きを読む
鈴木康友「プロ野球セオリー&メモリー」

第53回 狭きプロテクト枠が起こした悲劇

 つい最近、お正月を迎えたと思っていたら、もうコラムの更新日になりました。FAにより、西武からソフトバンクに山川穂高が移籍しましたが、その人的補償で最終的にピッチャー・甲斐野央の西武移籍が決定しました
続きを読む
鈴木康友「プロ野球セオリー&メモリー」

第52回 2001年のスコアラー&編成の経験

 メリークリスマス! みなさん、いかがお過ごしでしょうか。今日が終われば街は一気に年末年始モードに突入しますね。今月は、びっくりニュースが入ってきたり、国内のストーブリーグも徐々に動きが出てきました。
続きを読む
鈴木康友「プロ野球セオリー&メモリー」

第51回 段ボールでホームベースを作った独立L草創期

 前回のコラムが更新された翌日(10月26日)、ドラフト会議が都内で開催されました。なんと今年は独立リーグから支配下、育成を含め23名(122名中)もの選手が指名されました。こんなにも“独立フィーバー
続きを読む
鈴木康友「プロ野球セオリー&メモリー」

第50回 8番・木浪をMVPに選んだ岡田監督の強かさ

 セ・パ両リーグともにクライマックスシリーズ(CS)を終えました。日本シリーズの対戦カードは大方の予想通り、オリックス対阪神。今回はシリーズの展望と、私の“日本シリーズの勝敗を左右した体験談”を語りま
続きを読む
鈴木康友「プロ野球セオリー&メモリー」

第49回 固定の阪神と日替わり打線のオリックス

 今月14日にセ・リーグは阪神2005年以来18年ぶり6度目、パ・リーグは20日にオリックスが3年連続15回目(阪急時代を含む)のリーグ優勝を決めました。両チームとも2位以下を引き離し、ぶっち切りでペ
続きを読む
鈴木康友「プロ野球セオリー&メモリー」

第48回 長打のある1番を置けた慶應高の強さ

 第105回全国高等学校野球選手権は慶應(神奈川)の107年ぶり2度目の優勝で幕を閉じました。「エンジョイベースボール」をコンセプトにした彼らが旋風を巻き起こしましたし、準優勝に終わった仙台育英(宮城
続きを読む