ページのトップへ

田崎健太「国境なきフットボール」

平野家の移民の歴史 ~ホルヘ・ヒラノVol.2~

 ノンフィクションの書き手の主たる仕事の一つは、調べることだ。 日頃から気になった書籍は読む時間がないかもしれないと思いながら手に入れて、書棚に入れる。国会図書館はぼくたちの別荘のようなものだ。時に神
続きを読む
田崎健太「国境なきフットボール」

第266回 彼を知るきっかけ ~ホルヘ・ヒラノVol.1~

 来月4月8日発売の新著『横浜フリューゲルスはなぜ消滅しなければならなかったのか』は取材と執筆に約4年間という時間を費やすことになった。 フリューゲルスを調べはじめたのはちょっとしたきっかけだった。正
続きを読む
田崎健太「国境なきフットボール」

編集部より更新日変更のお知らせ。

 弊社サイトをご高覧いただき、誠にありがとうございます。 本日は田崎健太さんコラム「国境なきフットボール」の更新日ですが先月の更新日が23日だったため、今月は15日にさせていただきます。今月から新シリ
続きを読む
田崎健太「国境なきフットボール」

第247回 オシムに愛された男 ~要田勇一Vol.33~

 2007年1月、フクダ電子アリーナでJリーグ合同トライアウトが開催された。このシーズンオフ、11月に続く2度目だった。 長居陸上競技場での第1回終了後、要田勇一を獲得しようというクラブは現れなかった
続きを読む
田崎健太「国境なきフットボール」

第246回 オシムに愛された男 ~要田勇一Vol.32~

 2006年11月、辰己直祐氏はジェフユナイテッド市原千葉所属の要田勇一の代理人として祖母井秀隆ゼネラルマネージャーと会うことになった。祖母井は「要田君には0円提示という形になります」と申し訳なさそう
続きを読む
田崎健太「国境なきフットボール」

第245回 オシムに愛された男 ~要田勇一Vol.31~

 2006年11月3日に行われたヤマザキナビスコ杯決勝、ジェフユナイテッド市原千葉は、鹿島アントラーズを破ってタイトルを獲得した。 リーグ戦では中位に燻っているチームが優勝したことは嬉しい。しかし、要
続きを読む
田崎健太「国境なきフットボール」

第244回 オシムに愛された男 ~要田勇一Vol.30~

 サッカーの監督はオーケストラの指揮者のようなものだ。どのパートに誰を配置して、化学反応を起こさせるのか、頭の中で組み立てる。有能な監督は、選手の持っている能力を極限まで引き出し、1+1を2以上にする
続きを読む
田崎健太「国境なきフットボール」

第243回 オシムに愛された男 ~要田勇一Vol.29~

 2006年シーズン、ジェフユナイテッド市原・千葉の初戦の相手は大宮アルディージャだった。 両チーム合わせてイエローカードが6枚という荒れた試合になった。ジェフの心臓とも言える佐藤勇人が2枚のカードで
続きを読む
田崎健太「国境なきフットボール」

第242回 オシムに愛された男 ~要田勇一Vol.28~

 2005年7月9日夜、要田勇一の弟・章が静岡の寿司屋「七八」までぼくを迎えに来てくれた。そこで要田が決勝点をあげたことを知った。ぼくたちは店のテレビをつけて、スポーツニュースを見ることにした。 ジェ
続きを読む
田崎健太「国境なきフットボール」

第241回 オシムに愛された男 ~要田勇一Vol.27~

 2005年J1第15節、ジェフユナイテッド市原・千葉対アルビレックス新潟の試合が行われた7月9日は、朝から空は分厚い雲で覆われていた。試合開始前、たっぷりと水分を含んだ雲が耐えられなくなったかのよう
続きを読む