ページのトップへ

大野俊三「ZAGUEIROの眼」

第176回 クロスには”点ではなく線で”

 11月、サッカー日本代表はベトナム代表戦、オマーン代表戦とアウェー連戦でした。2試合ともMF伊東純也(ゲンク)のゴールで1-0、2連勝を飾りました。ここ最近の代表の傾向を語りたいと思います。 オース
続きを読む
大野俊三「ZAGUEIROの眼」

第172回 勢いに乗った男子と「前線頼み」のなでしこ

 東京五輪のサッカー、男子はA組首位、なでしこはE組3位でグループリーグを突破しました。男子は3連勝で勢いに乗っていますが、なでしこが少々心配です。まずは男子から振りかえりましょう。 南アフリカ戦は初
続きを読む
大野俊三「ZAGUEIROの眼」

第171回 過密日程における最良の薬は「勝利」

 6月は東京五輪日本代表のメンバー発表がありましたね。18名プラスバックアップメンバーの4名で五輪に臨みます。選出されたメンバーには、選考から惜しくも漏れた選手たちの分の気持ちも背負って戦ってほしい。
続きを読む
大野俊三「ZAGUEIROの眼」

第170回 6月のA代表は「“アイツら”がいないんだぜ!?」

 日本代表が28日、カタールW杯アジア二次予選のミャンマー代表戦を10対0で勝利し、最終予選進出を決めました。2試合を残しての二次予選突破は大きな意味を持つと思います。今回はそこも含め、6月のA代表と
続きを読む
大野俊三「ZAGUEIROの眼」

第169回 宣教師が直樹に伝授したサッカーの神髄

 僕の古巣、鹿島アントラーズに大きな動きがありました。成績不振のためアントニオ・ザーゴにかわり、コーチだった相馬直樹が監督に昇格しました。直樹はアントラーズの全盛期を知るレジェンドメンバーのひとりです
続きを読む
大野俊三「ZAGUEIROの眼」

第168回 A代表はエリア内への入り方を改善すべき

 3月はU-24日本代表とA代表がともに2試合ずつ戦いました。U-24代表は同アルゼンチン代表と、A代表は韓国代表との親善試合とモンゴル代表とカタールW杯アジア二次予選を戦いました。早速、振り返りまし
続きを読む