ページのトップへ

二宮清純「スポーツのツボ」

第177回 引退後も持ち続けるアスリート・マインド(瀬古利彦)

 新型コロナウイルスの世界的な感染拡大の影響を受け、1年の延期が決まった東京オリンピック・パラリンピック。代表選手の選考に関心が集まる中、日本陸連の瀬古利彦・マラソン強化戦略プロジェクトリーダーは、男
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

「コロナ後」欧州へのアジアマネーに変化は

 もうすぐなのか、はたまたしばらく先なのか、いずれにせよ、このコロナ禍もいつかは終息のときがくる。全地球上で、全人類が再起に向けて立ち上がる。ただ、ダメージから完全に回復したその姿は、おそらく、コロナ
続きを読む
二宮清純「スポーツのツボ」

第176回 東京五輪1年延期 ワクチン開発は?

 新型コロナウイルスに感染し、病床から復帰した田嶋幸三日本サッカー協会会長が、退院後、ウェブ上で会見を行った。 その中で、注目すべき発言があった。「ウチの家族ですらPCR検査をしてもらえなかった。それ
続きを読む
アナザーアングル

湯淺佳那子&広沢真愛、切磋琢磨で輝きを! ~陸上~

(写真:昨年10月放送のBS11『キラボシ!』で特集された湯淺<右>と広沢 ⓒBS11) 日本体育大学女子陸上競技部はオリンピックマラソンメダリスト・有森裕子らをOGに持つ名門である。同大は陸上に限
続きを読む
二宮清純「スポーツのツボ」

第175回 コロナに支配された東京五輪

 100歳を超えている人でなければスペイン風邪の恐ろしさはわからないだろう。 米国が感染源とされるこのインフルエンザは世界中で猛威を振るい、当時の人口の4分の1にあたる約5億人が感染したと言われている
続きを読む
二宮清純「唯我独論」

第945回 IOCに求められる「犠牲」と「妥協」

 古代五輪が全知全能を司るゼウス神に捧げる宗教的儀式だったとしても、それはいにしえの話だ。よもやIOCがヘレニズムの加持祈祷を新型コロナウイルスとの闘いに結びつける愚を犯すことはあるまいが、このところ
続きを読む
大野俊三「ZAGUEIROの眼」

第158回 五輪男子サッカーの年齢制限緩和を求む!

 新型コロナウイルスの感染拡大が猛威をふるっています。東京五輪・パラリンピックを含むスポーツ大会の延期、政府からの外出自粛要請など様々な影響が出ています。特に、東京五輪延期は現状を踏まえると仕方ないこ
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

五輪サッカー年齢制限問題 選手は心配無用

 幸いにして起こしたことはないものの、肝には銘じてある。 謝罪してはダメ! それが交通事故を起こした際の鉄則なのだと学生のころに聞いた。ひとたび謝罪の言葉を口にしてしまえば、落ち度が自分にあると認めた
続きを読む
二宮清純「ノンフィクション・シアター・傑作選」

なでしこジャパン再建で高倉監督が着目したこと

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響により東京五輪の1年程度の延期が決定した。サッカー女子日本代表(なでしこジャパン)の高倉麻子監督は五輪延期の知らせを受け、JFAを通じ、こうメッセージを発した。「こ
続きを読む