ページのトップへ

Author Archives: 二宮寿朗

二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

森保ジャパン3月の陣。今後の指針を示す2連戦

 森保ジャパンに休息はない。アジアカップを終えたら、6月にブラジルで開幕するコパ・アメリカ(南米選手権)が次に待っている。 コパ・アメリカはCONMEBOL(南米サッカー連盟)主催の大陸選手権で、19
続きを読む
二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

海外組全員集合の時代じゃない

 日本代表の試合だよ、全員集合! いや、もはや海外組の主力をすべて呼び戻す時代じゃないのかもしれない。 1月、UAEで開催されたアジアカップで決勝までの7試合を戦った森保ジャパンは3月22日にロシアワ
続きを読む
二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

若手育成に活かしてこその外国籍枠拡大

 外国籍枠拡大に伴い、Jリーグは新時代に突入する。 J1は22日に開幕を迎える。オープニングマッチは元スペイン代表のストライカー、ダビド・ビジャまで獲得したヴィッセル神戸がアウェーでセレッソ大阪と対戦
続きを読む
二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

アジアカップは7試合戦えたことが収穫

 アジアカップにおける評価基準は「優勝したかどうか」だと考える。つまり優勝しか成功と言えないのが、アジアサッカーをリードする日本代表の宿命である。今回のUAE大会、日本は決勝でカタール代表に1-3で敗
続きを読む
二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

日本サッカーに根付く“クラマーの教え”

 史上最大の混戦となった今季のJ2を制したのは、反町康治監督率いる松本山雅だった。 11月17日、ホームのサンプロアルウィン。 徳島ヴォルティスと引き分けて優勝が決まった瞬間、スタンドのボルテージは最
続きを読む
二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

ベルギーで輝くアタッカー鎌田大地

 新生日本代表を引っ張る3人のアタッカーと言えば、24歳の中島翔哉(ポルティモネンセ)、23歳の南野拓実(ザルツブルク)、そして20歳の堂安律(フローニンゲン)だ。 中島はポルトガル、南野はオーストリ
続きを読む
二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

サッカーを楽しむ男・中島翔哉

 強豪ウルグアイに勝った夜。 誇っていい。親善試合とはいえ、ホームとはいえ、いつも本気モードで戦ってくれる南米の強豪との打ち合いを制したのだから。試合後も審判団に詰め寄って、悔しさをにじませるエディン
続きを読む