ページのトップへ

Tag archives for プロ野球 - Page 2

白球徒然 ~HAKUJUベースボールスペース~

鈴木康友(元プロ野球選手)後編 第70回 龍馬式野球道!? 同じアウトなら先の塁で

 現役時代、巨人、西武、中日と渡り歩き、いぶし銀のユーティリティプレーヤーとして鳴らした鈴木康友は、一昨年の夏、血液の難病・骨髄異形成症候群と診断され、臍帯血移植などの治療を受けていた。医師からは「移
続きを読む
佐野慈紀「ピカイチ球論!」

第168回 最後に大荒れのストーブリーグとセンバツ出場校決定

 新しい年が始まり、キャンプインも間もなくです。読者の皆様、本年もよろしくお願いします。年明け早々、正月ボケを吹き飛ばしてくれたのが、長野久義の広島入りのニュースでした。「まさか、長野が人的補償とは」
続きを読む
二宮清純「ノンフィクション・シアター・傑作選」

プロ野球「人事と年俸」改革試案<後編>

二宮: プロ野球ほどガバナンスとコンプライアンスが機能していない世界は他にありません。結局は楽天に入った一場靖弘の“裏金問題”の責任をとるかたちで読売の渡邉恒雄氏をはじめ3人のオーナーが辞任を余儀なく
続きを読む
カープ・アイ

西本恵「カープの考古学」第10回 広島プロ野球誕生物語その十 2リーグ制の背景にあった米国の国家的意図

 カープ球団は、昭和25年からセントラル・リーグの一員としてペナントに参戦できるようになった。その一番の要因は、前年の昭和24年、プロ野球の生みの親とされた正力松太郎が提唱した2リーグ制に端を発してい
続きを読む
二宮清純「唯我独論」

第882回 興行を成功に導く”リベンジ・マーケティング”

 今回の長野久義を含め、過去、広島には5人の首位打者経験者が移籍してきている。ひとり目は松竹から1953年にやってきた小鶴誠だ。大映時代49年、打率3割6分1厘をマークし、1リーグ制下で最後の首位打者
続きを読む
野球西国巡り(第3水曜更新)

第276回 石井大智(高知)「40℃超のブラジル野球教室。現地の野球熱にびっくり」

 国際交流に積極的に取り組む高知ファイティングドッグスは昨年12月、ブラジルで野球教室を開催した。講師として参加したのがアイランドリーグ1年目を終えた石井大智だ。「ブラジル行きも野球教室の講師も初めて
続きを読む
二宮清純「プロ野球の時間」

第666回 吉田輝星に18番 ポスト桑田・松坂

 昨夏の甲子園を沸かせ、北海道日本ハムからドラフト1位指名を受けて入団した吉田輝星(金足農)の背番号が「18」に決定した。プロ野球におけるエースナンバーだ。 本人は「びっくりした。背番号に負けないピッ
続きを読む
白球徒然 ~HAKUJUベースボールスペース~

小野仁(白寿生科学研究所人材開拓課)第69回「父の他界と、故郷・金足農の躍進」

 皆さん、新たな年を迎えていかがお過ごしでしょうか。2019年、本年もよろしくお願い申し上げます。これからもこのコラムを通じて楽しく、面白く、マジメに、ときには涙を誘う(!?)話題を提供できるよう頑張
続きを読む
BCリーグ戦記(第2水曜更新)

第234回 福井・松本友(東京ヤクルト・育成ドラフト2位)「野球漬けの日々が実を結んだ」

 福井ミラクルエレファンツから東京ヤクルトに育成ドラフト2位で入団した松本友です。10月にドラフトで指名されたときには正直「嬉しい」という言葉しか出てきませんでした。あまり実感がなかったのですが指名挨
続きを読む