ページのトップへ

カープ・アイ

西本恵「カープの考古学」第20回 カープ初代監督・石本秀一物語その十 米遠征総仕上げ。ハワイ3戦全勝で締めくくり

 アメリカでの邦人チームとの試合を8勝2敗3分で終え、昭和6年8月22日、サンフランシスコの港を出た広島商業(以下、広商)野球部一行が次に向かったのはハワイである。ハワイへの船旅は7日間に及んだ。石本
続きを読む
カープ・アイ

西本恵「カープの考古学」第19回 カープ初代監督・石本秀一物語その九 人生初体験ばかりのアメリカ遠征

 広島商業(以下、広商)は昭和4年と5年の夏の甲子園大会で優勝し、さらに昭和6年春も制覇した。そのセンバツ大会優勝の褒賞旅行としてアメリカ遠征が与えられ、遠征中は日本からの移民が多かった西海岸沿いの都
続きを読む
カープ・アイ

西本恵「カープの考古学」第18回 カープ初代監督・石本秀一物語その八 米遠征の過密日程で見せた石本野球の極意

 前回に引き続き、石本秀一監督率いる広島商業(以下、広商)ナインのアメリカ道中の話である。石本と広商一行は昭和6年7月21日から、約1カ月半に渡る北米遠征を行い、試合漬けの日々を送った。明治、大正の時
続きを読む
カープ・アイ

西本恵「カープの考古学」第17回 カープ初代監督・石本秀一物語その七 石本、アメリカに立つ!

 石本は母校・広島商業(以下、広商)野球部の監督を務め、4度の全国優勝を飾り、広商の名声を全国に広め、名実共に日本一の監督となった。この昭和6年春、中等野球選抜大会(甲子園)を制覇した際、広商野球部に
続きを読む
カープ・アイ

西本恵「カープの考古学」第16回 カープ初代監督・石本秀一物語その六「広商黄金期を築き、アメリカ遠征へ!」

 石本が野球において神の境地といえるものを感じられるようになり、試合を左右する目に見えない何かを求めるようになったのは、広島商業(以下、広商)の選手時代から監督時代を通じてであった。野球の神様が微笑む
続きを読む
カープ・アイ

西本恵「カープの考古学」第15回 カープ初代監督・石本秀一物語その五「不遇の時代から”神の境地”へ ~伝説の”真剣刃渡り”~」

 カープ初代監督の石本秀一、彼の青年期には不遇のときも少なからずあった。石本自身の大きな後ろ盾でタニマチでもあった呉市の財閥、澤原家からのお金目当てに飲み食いする慶應義塾大学野球部に嫌気がさしたことは
続きを読む
カープ・アイ

西本恵「カープの考古学」第14回 カープ初代監督・石本秀一物語その四「花の六大学の現実を知る……。宴席に疲れ逃避行」

 カープ初代監督に就任する石本秀一の人生は、波乱万丈の連続であった。親からの反対を振り切って広島商業に進学したのは前回で述べた。その後の大学進学においても騒動が起きたのだが、これは石本が「野球の神童」
続きを読む
カープ・アイ

西本恵「カープの考古学」第13回 カープ初代監督・石本秀一物語その三「父の反対を押し切り、県工から広商へ鞍替え受験」

 カープ初代監督である石本秀一本人のエピソードに触れるのは、今回で三回目となる。前回は石本個人の経済状態について書いた。いわゆる懐具合だ。プロ野球で監督やコーチをしながら、企業の株式を定期的に買い続け
続きを読む
カープ・アイ

西本恵「カープの考古学」第12回 カープ初代監督・石本秀一物語そのニ 「給料はいらん」を支えた石本流財テク術

 終戦から4年が経った昭和24年秋、広島にプロ野球チームが誕生した。しかし原爆から復興最中の広島において、球団を抱える余裕のある会社などはなかった。カープ球団は親会社のないまま創設に向かい、広島県民や
続きを読む
カープ・アイ

西本恵「カープの考古学」第11回 カープ初代監督・石本秀一物語その一 郷土球団にかける熱き思い

 カープのセントラル・リーグ入りが認められ、広島駅に降り立った谷川昇がカープの大計を発表したのは、前号で述べたとおりだ。さあ、いよいよカープ丸が大海原に出ていくのだ--。 カープがこの世に生をみる昭和
続きを読む