ページのトップへ

近藤隆夫「INSIDE格闘技」

第239回 残念だったヒョードルvs.ジャクソン2020年は、いまを生きる男たちの熱き闘いを!

(写真:大晦日に対決した那須川<左>と江幡の戦いには熱がこもっていた。 ⓒRIZIN FF) 両雄の全盛時からは、もう十余年の時間が流れている。PRIDEのリングで輝いていた頃のようなハイレベルなパ
続きを読む
田崎健太「国境なきフットボール」

第216回 オシムに愛された男 ~要田勇一Vol.2~

 要田勇一と初めて会ったのは、2001年5月末のことだ。要田の弟・章と知り合った翌週のことだった。 要田兄弟、そして章の大学の友人たちと新宿で食事をしながら軽く飲むことになった。要田は175センチほど
続きを読む
伊藤数子「パラスポーツの現場から」

第111回 「慣れる」と共生社会はつながっていた!

 2020東京オリンピック・パラリンピックを控え、19年はパラリンピック関連の様々な報道がありました。その中から2つピックアップします。<東京パラリンピック開幕まで25日で1年となるのを前に、共同通信
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

“天才”マラドーナに学ぶ命をかけて戦う姿勢

 知人から「凄いよ」と勧められ、ネットフリックスで公開されている「マラドーナ・イン・メキシコ」というドキュメンタリーを見た。 なるほど、凄い。今年読んだノンフィクションの中では、新潟の早川史哉が自らの
続きを読む
垣原賢人「マル秘ファイター列伝」

藤波辰爾2世のターニングポイント

(写真:鈴木からのエルボーを受けるLEONA) 振り返って考えてみるとターニングポイントだったと気づくことがある。 プロレスラーにとっての分岐点となる試合は、怪我からの復帰戦だろう。 僕にとっては、
続きを読む
鈴木康友「プロ野球セオリー&メモリー」

第7回 聖火リレー走ります! 授かった命で恩返しです

 2020東京オリンピック・パラリンピックの聖火リレー、私、鈴木康友が奈良県のランナーとして走ることが決定しました。ツイッターで<病気をしたって移植したって頑張れる、さあトレーニングするぞー>と報告し
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

宿敵相手に消極姿勢……五輪が不安

 ひどすぎた前半と、まずますだった後半。日本人選手の課題と可能性を考えさせられた試合だった。 得失点差で劣り、かつベント監督の手腕を疑問視する声も高まっている韓国が、立ち上がりから猛烈な勢いで向かって
続きを読む
杉浦大介「NY摩天楼通信」

第438回 ルイスvs.ジョシュア、パッキャオvs.サーマン、それとも井上vs.ドネア? ~Fight of The Year 2019~

(写真:ジョシュアを倒したルイスがリング上で跳ね回ったシーンは2019年最高の名場面だった Photo By Ed Mulholland/Matchroom Boxing USA) 今年度下半期のボ
続きを読む
白戸太朗「スポーツ“TRY”アングル」

第216回「進化続けるスポーツ」

 スポーツは進化しなければならない。 どんなスポーツにも歴史があり、ルールがあり、しきたりがある。しかし、それだけにとどまっていてはこのご時世、残っていくのは厳しい。競技人口、愛好者人口が減ってしまい
続きを読む