ページのトップへ

伊藤数子「パラスポーツの現場から」

第118回 ぷよぷよ始めました。

 ウィズコロナの状況下、パラスポーツ体験会の再開は未だ見通しがたちません。密を避けた新しいかたちで開催できないものか、と模索と実験を繰り返す日々です。そんな中、ある日のリモートミーティングで「e-sp
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

リーガも五輪も未来は誰にも分らない

 まさか、こんな日が来ようとは。 ヌマンシア、デポルティボ・ラコルーニャ、エストレマドゥラ、ラシン・サンタンデール。先週末、リーガエスパニョーラで2部B(3部相当)に降格が決まった4チームは、いずれも
続きを読む
鈴木康友「プロ野球セオリー&メモリー」

第12回 今季のパ・リーグ、同一カード6連戦はつらいよ

 皆様、4月以来、3カ月ぶりのご無沙汰になりました。鈴木康友コラムもプロ野球の開幕に合わせて再開いたします。これまでと変わらず、ご愛読のほどよろしくお願いいたします。 見られることで発奮 6月19日に
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

「コロナ禍をプラスに」Jの若き才能では実現するかも

 想像してみる。 手術が必要な病気になった。経験豊富な医師と免許をとったばかりの医師。どちらもウデは悪くないらしいが、さて、自分ならどちらの医師に手術をお願いするだろう。 考えるまでもないか。 なので
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

認められた久保 過去の日本人とは別次元

 かつて「左足の怪物」と呼ばれた小倉隆史さんに久保建英について聞いたのは、昨年の年末だった。「かわいそうだよね、あのチームじゃ。彼がやりたいこと、誰もわかってないし感じてない」 まったく同感だった。F
続きを読む
近藤隆夫「INSIDE格闘技」

第245回 RIZIN再開! 新設会場「ぴあアリーナMM」で2daysイベント

(写真:空位となったバンタム級のベルトをかけた闘いは8月10日に行われる ⓒRIZIN FF) ようやく日本の総合格闘技界が動き始めた。 新型コロナウイルスの感染拡大により、3大会(4月・横浜、5月
続きを読む
田崎健太「国境なきフットボール」

第222回 オシムに愛された男 ~要田勇一Vol.8~

 2000年シーズン、横浜FCは2年連続でJFLを優勝し、J2昇格を決めた。背番号10を与えられた要田勇一は10試合出場、3得点という成績だった。 シーズン終了後、要田を重用していた監督のピエール・リ
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

無観客でJのプレースタイルは変わるか

 阪神の藤川球児が不調なのは、無観客試合の影響ではないか、というコラムを他紙で読んだ。彼はスタンドの空気を全身に感じながら投げる男。だからではないか、という。 なるほど。 リモートマッチ。野球はサッカ
続きを読む
松本晋司「愛媛FC、背番号12の視点」

第276回「リスタート」 ~オレンジメッセージプロジェクト~

「いよいよ熱狂の日々が戻ってくる!」 5月29日(金)、Jリーグは2月下旬以降中断しているJ1&J2リーグ戦の再開を発表した。また、当面は無観客での試合を行い、段階的に観客を入れるための準備を進めてい
続きを読む