ページのトップへ

鈴木康友「プロ野球セオリー&メモリー」

第13回 6年ぶりの「杜の都」と甲子園交流試合

 皆様、こんにちは。再開2回目の鈴木康友コラムに、今回もお付き合いください。先月の話になりますが、7月21日から23日まで東北楽天対オリックスの解説のために久しぶりに仙台に行きました。6年ぶりの当地は
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

バルサ崩壊生んだメッシの“怪物化”

 恥ずかしながら、10年前のわたしは“こんなバルセロナ”をまったく予想できていなかった。まさか、バイエルンに8発ブチこまれて惨敗する日が来るなんて! 世界のサッカーが平家物語だということはわかっていた
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

久保は「マラドーナ」になれるか

 リオネル・メッシが世界のサッカー史に名を残す名手であることに、異論を唱えるアルゼンチン人はいないだろう。ただ、彼がアルゼンチン史上最高の選手かと問われれば、意見は大きく割れるはずだ。ひょっとすると―
続きを読む
田崎健太「国境なきフットボール」

第223回 オシムに愛された男 ~要田勇一Vol.9~

 2002年1月10日、東京は朝から冬の青い空が広がっていた。ぼくは成田空港からフランクフルト行きのルフトハンザに乗った。正月明けの客たちだろうか、ほぼ満席だった。フランクフルトで飛行機を乗り換えてマ
続きを読む
近藤隆夫「INSIDE格闘技」

第246回 大晦日に堀口恭司との再戦濃厚! 朝倉海が、その先に見据えているのは…

(写真:バンタム級王座戴冠が決まり、観客にアピールする朝倉海 ⓒRIZIN FF) 8月9日、10日の2日間に渡り、横浜みなとみらい・ぴあアリーナMMで開催された格闘技イベント『RIZIN』は大いに
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

「少年よ、大志を抱け」後押しするスポーツ界であれ

 経済協力開発機構(OECD)東京センター所長の村上由美子さんによると、世界の15歳を対象として行われる国際学習到達度調査(PISA)において、日本の子供たちは科学的リテラシー、読解力、数学的リテラシ
続きを読む
松本晋司「愛媛FC、背番号12の視点」

第277回「厳戒」 ~有観客試合の再開~

「ついに、愛媛のスタジアムへサポーター達が帰ってきた!」 J2再開後、第2節、3節とリモートマッチ(無観客試合)が続いていたが、第4節からは超厳戒態勢の中有観客試合が再スタートとなった。 私たちの故郷
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

世界に先駆け 感染者に寄り添うJであれ

 名古屋の選手からコロナ陽性反応が検出され、先週末の広島対名古屋戦が中止になってしまった。自分たちの立っているのが、実は薄い氷の上だったと思い知らされた気分だった。 今週末に名古屋での試合を控えた柏か
続きを読む
大野俊三「ZAGUEIROの眼」

第160回 後輩たちに求む! 脱・責任逃れなプレー

 読者の皆様、お久しぶりです。当コラムはJリーグの中断を受け、休載しておりましたが、リーグ再開に伴いこちらも再開いたします。これからもよろしくお願いします。 しかし、依然として厳しい状況は続きますね。
続きを読む